Home / 2019夏台北1泊ママ逃避行 / ランディス台北のお部屋と設備

ランディス台北のお部屋と設備

タピオカミルクティをホテルの部屋でいただき、一日を終えました。

さて、今回宿泊しましたのはランディス台北ホテルです。


前回宿泊したシティスイーツ台北南西(ブログ記事⇒迪化街散策と夜市観光に便利なシティースイーツ台北ナンシ(台北城市商旅 南西館))と比較しますと、お値段にして約2倍以上です・・・。

シティスイーツ台北南西は、ビジネスホテルながら立地もよく不満は一切なかったのですが、最近心が疲れていたため、なんとなく贅沢がしたい気分だったんですよね。
ま、”贅沢”と申しましても、あくまで私基準ですので、1万円台ですが・・・。

予約サイトによっては5つ星ホテルなのですが、5つ星ホテルとしては、大変リーズナブルなホテルなのではないでしょうか。

元リッツカールトンということでしたが、建物はこじんまりとしていて、内部はアールデコ調のクラシカルな印象です。

ロビーにはパンやケーキを販売しているリズ‧ガストロノミーと朝食もいただけるレストラン「La Brasserie(ラ・ブラッスリー)巴賽麗廳」があります。
地階には、天香楼という人気の杭州料理のレストラン、2Fにはフレンチレストランがあります。

ホテルの口コミでもホスピタリティに関してはとりわけ評価が高いのですが、私も感銘を受けました。
フロントの方、ベルボーイの方、他のスタッフの方もみなさん素晴らしかったです。

車寄せに着くと、すぐさまにこやかにドアを開け(Uber車ですが)、ささっと荷物をもつと、チェックインテーブルにエスコート。流れるようなスマートさでした。
時間にもよるのでしょうが、チェックインも待つことなく、すぐに座ってチェックインできました。また、少し早かったのですがお部屋も用意してくださいました。

出かける際も、暑いからとロビーのお水をもたせてくださったり、「何かお手伝いできることはありますか?」とたびたび声をかけてくださり、もう驚くほど親切でした。

廊下でお会いしたメイドサービスの方もにこやかに挨拶してくださって、流石だと感じました。
殆どのスタッフの方が英語を話せるようでしたし、また日本語ができるスタッフの方もいらっしゃいました。

温かいサービスがささくれた心に染み入りました・・・。

お部屋

お部屋の様子をご紹介します。

楽天の格安プランだったにもかかわらず、最上階をアサインしてくださったのですが、最上階といっても眺めは特にないお部屋でしたので、上層階かどうかはあまり関係ないのかなと思います。

お部屋は近年リニューアルされたそうで、きれいで清潔でした。
一番リーズナブルなカテゴリーであるスーペリアダブルでしたが、二人での宿泊にも十分な広さだと思います。

シャワーブースがあります

トイレもTOTOのウォシュレットでした。

撮影を忘れたのですが、水のペットボトルも2本あります(無料です)。

ウェルカムフルーツです。

アメニティも充実しています。バスソルトなどもありました。

文房具も揃っていました。

備え付けのiPadがあり、ライトや空調を手元で操作することができます。ニュースや観光情報がチェックできるのも便利でした。

 

設備(フィットネスセンター・キッズルーム)

同じ階にフィットネスセンターの入り口がありました。

入り口から階段を上がっていくとフィットネスセンターの休憩スペースがありました。数回訪れたのですがいつもだれもいらっしゃいませんでした。

フィットネスセンターは意外にマシンが充実している印象を受けました。

ヨガの瞑想室もあります

屋上からは、グランドホテル台北や101タワーが見えます。

そして、フィットネスセンターのすぐ横に子ども用のプレイルームがありました。こじんまりとはしていますが、小さなお子さんを遊ばせるには、いいですよね。

今回は楽天で1人分の朝食がついたリーズナブルなプランをみつけて予約をしました。
楽天トラベルは海外のホテルはbooking.comと提携しているので、booking.comからの予約のほうがいいと思っていたのですが、台北のホテルについてはいくつか楽天独自の特別なプランもあって、それなりに頑張っている印象を受けます。ただ、楽天は料金表示が税金・サービス料別なので、注意が必要です。

今回は1人分の朝食付き1泊4000台湾ドル(約15000円程度)でしたが、今agodaでチェックしましたら、期間限定のよりリーズナブルなプランがありましたので、やはりagodaは強いなと思いました。

(立地と朝食編に続きます)

ザ ランディス タイペイ ホテル (台北亜都麗致大飯店/The Landis Taipei Hotel)★★★★★

2 comments

  1. どうしてこんなに暑いのですか、海ママさん!

    ザ・ランディス台北・・・聞き覚えがある・・・、そういえば2011年にバリ島の帰りに一泊しました。
    貴族の我が家は当然、Executive Suiteなので客室の様子はちょっと違いますが。
    当時は1.5万円程度だったと記憶しています。(ホテル名は忘れても値段は覚えているのはさすが貴族!)
    8年前はトランジットの短い滞在でも1.5万円拠出できたのね・・・。
    昭和の年功序列って素敵でしたね・・・。

    台湾式シャンプーのお店も雑誌片手に行きました!
    とても親日のお店で、急いでいるのに「サービス、サービス」と言って
    マッサージ用のタイマーをどんどん長くしてくれた記憶があります。
    お迎えの車の時間に間に合うか、冷や汗ものでした。
    最後にシャンプーを終えた夫は中華風のかっこいい七三分けでした。
    当時は分けるボリュームがあったのね・・・。

    お迎えの運転手さんに寄って欲しいお茶屋さんを伝えましたが、ご存じなく
    困っていたら、ホテルの日本人女性スタッフが走り回ってお茶屋さんを調べてくれました。
    海ママさんのおっしゃる通り、ホスピタリティがすばらしいですよね。
    気取ったサービスではなく、温かいおもてなしが印象的でした。
    今の私に一番必要なものだと思います。

    そうそう、偶然かもしれませんが、私も台北のホテル予約は楽天トラベルばかりです。
    空港に近いホテルも楽天トラベルでしか見つからないお部屋に泊まりました。
    結果、他のサイトでは扱わない理由がちょっとわかる気がしました。

    海ママさんのサイトのコメントなのに、結局自慢ばかりですみません。
    貴族なもので。

    • HappyTravel&LifewithKids

      もうっ!!またまたmisonoさんコメントが今日の初笑いをもぎとっていきましたよ!
      もうね〜、暑いというか・・・干からびてますよ・・・心がね・・・。

      すごい。貴族様と同じホテルに宿泊してる〜〜!!
      そうなの、温かいサービスが心にしみました・・やっぱり、(たとえ100%お金の対価でも)誰かから親切にしてもらえるって大事なんだなと思いましたね。
      若いイケメンドアマンに「何かお困りのことやお手伝いできることありますか?」と優しく聞かれ、もうそれだけで、チップを渡したくなりましたよ!
      これって、あれですかね?一人暮らしの老人が口のうまいセールスマンに騙されるのと同じ構図?
      よく、騙された老人が「だまされてもいいと思いました」とか言ってますよね。

      台湾シャンプーですが私が訪れたのは超庶民的サロンなので、こう、エステの後の上がった気分とかとはまた違うのですが、ふらっと美容院に行って気軽にシャンプーしてもらえるのっていいなと思いました。・・・という話を先日していましたら、私の年齢不詳のママ友(多分年上なのですがとても若くてきれい)が「人にシャンプーしてもらうのって、いいよね。私も週末は旦那にシャンプーしてもらってる♡ドライヤーで乾かしてくれるよ♡」と言っていて、えっと・・なんだろう、そのインパクトに、私の台湾式シャンプーの思い出が雲散霧消していったんですが、仕方ないので今度炭酸ヘッドスパとかいう美容院のぼったくりシャンプーをしてもらってきます。

      そうそう、今回も便利な台北駅近くのホテルの「楽天しか販売していないシングルルーム!」も候補だったのですが、何かあるから楽天しか販売していないんだろうなと思い、それが知りたいような、知りたくないようなという迷いがあったんですよね。

      夏休みの残り期間を乗り切れる気持ちが全然しないので、また貴族話を聞かせてください!!!!!

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!