Home / 2019夏台北1泊ママ逃避行 / 華山1914文化創意産業園区から遠東SOGO台北までのあれこれ

華山1914文化創意産業園区から遠東SOGO台北までのあれこれ

朝から、行天宮・松江市場・故宮・華山1914文化創意産業園区ときまして、時刻は13時を回りました。
帰国の飛行機は台北松山空港16:45発、1時間前までに搭乗手続きを済ませるとしても、15:30頃に空港に到着すれば十分です。
まだまだ2時間半近く時間があります。

本来、昼食にちょうどいい頃ですが、前日の食あたり?の影響を受けてか、食欲がまったくないんです・・・。
あれほど食べたいものリストまで作って夢見た台北なのに!!!

絶対食べたいと思っていたものの中に、豆漿があります。
そういえば、昨年ともきちさんにもコメントいただいていた、阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)がこの善導寺駅の近くにあったはず。
胃にも心にもやさしい豆漿なら食べることができるかもと思い、とりあえず善導寺の駅まで歩き始めました。

20mくらい歩いたところで、「あれ?もしかして、午前中だけってことない?」と思い、調べてみたところ12:30分に営業終了ではないですか!
華山1914に来る前に寄るべきだったんですね・・・・。

落胆しつつ、とりあえず近くにあったドリンク店に入りました。Onecaというお店です。

タピオカ系を頼もうと思ったのですが、指差したものがずれていたらしく、マンゴースムージーが出てきました。お値段はたしか85元(約300円)と台北のドリンクとしては少し高めではありますが、ボリュームはたっぷりでむしろ多すぎでした。

雰囲気はやや前衛的で、お客さんは他に誰もいらっしゃいませんでした・・。

冷たい飲み物で息を吹き返し、善導寺駅への道を進みます。

途中、こちらも宿泊先の候補であった、四つ星ホテルホテル コージー ジョーンシヤオ タイペイ (Hotel Cozzi Zhongxiao Taipei)を通りかかりました。

こちらは、駅にも近いし、華山にも近いし、朝一で阜杭豆漿にも行けるし、便利でいいですね。私には、サービス満点の五つ星ホテルではなくて、三つ星とか四つ星ホテルがこう、しっくりくるのではないかという思いを新たにしました。こちらも次回の候補として記憶しておこうと思います。

善導寺駅からMRTでとりあえず、SOGOのある忠孝復興駅に向かうことにしました。
SOGOには、台北で小籠包といえば、まずここでしょうという、誰もが訪れますが私は訪れていない鼎泰豊があります。
鼎泰豊は東京にも何店もありまして、何度か行ったことがあるので、後回しにしていました。

食欲はないながら、きっと鼎泰豊なら食べたくなるはず・・・。本店は混んでいるらしいですが、昼の時間も過ぎている頃ですし、平日ですし、一人くらい入れるのでは?と安易に思い訪れたのですが、50分待ちでした。まあ、そうですよね・・・。

私ではない誰かのために一生懸命作っています。

よく”ぶらり旅”みたいなのよくテレビでありますよね。
まあ、世の中の常識ではありますが、あれは綿密に計算した”ぶらり”ですよね。

何も考えずにぶらりですと、こういうぐだぐだな旅になるような気がするんですよね・・・。

SOGOは駅から直結なので、雨の日も濡れなくて便利です。
日本の食材も多く、フードコートには山頭火やモスバーガーもあり、賑わっていました。
カルディも8月下旬にオープンとのこと。
台北は便利ですね。

8 comments

  1. おぉ・・・おぉ・・・なんと・・・・阜杭豆漿(フーハンドウジャン)営業終了してたなんて。
    申し訳ないっ!!
    あー鹹豆漿(シェンドウジャン)食べて欲しかった。
    次回、cozziに宿泊して、午前中に行ってみてください!

    cozziは家族4人で宿泊できる部屋がなかったので、今まで宿泊候補にならなかったのですが、今年、次男が「俺は今後、海外旅行には絶対行かない!」宣言をしたので、次はひとり旅でcozzi宿泊もありなのかも。

    そんな次男(鉄ヲタ)、今年は青春18きっぷの旅をひとりで満喫中。
    ひとりで東京〜長野〜松本〜中津川〜名古屋、名古屋で途中下車して味噌カツを食べ、名古屋〜大垣〜米原〜福井へ。福井名物ソースカツ丼を食べて、おばあちゃんの家へ。
    長男は隣駅の英語塾へ行くのも「ついて来て」って言うのに・・・(-_-;)

    いよいよ家族旅行からの卒業となりつつある我が家ですが、長男と二人で明後日からロンドン・パリに行ってきまーす!
    なんの準備もできてないので、夫から「本当に行くの?」っとさっき言われました。確かに・・・。
    長男の夏休みの宿題の出来上がりも心配です・・・。
    本当に行けるのだろうか?

    • HappyTravel&LifewithKids

      いえいえとんでもないです!!
      ともきちさん家がおきにいりと聞いて、絶対行きたい!とチェックしていたのですが、今回は無理かと諦めていたんです。
      営業時間は確認しないとだめでした。。。次回こそ行きたいです!

      次男くんすごい!!!すごいいい経験ですよね〜!
      そしてそして、長男くんとロンドン・パリなんて最高すぎじゃないですか!!!!!いいなーーーーーー。
      ともきちさん家、毎度の長期休みを楽しまれていますよね〜〜。

      うちの長男なんて、夏休み前半は部活に行ってはいたのに、後半の今は毎日だらだら昼頃まで寝ているようなので、もうサマーキャンプでもなんでも、とにかく家から出すべきだったと後悔しています。
      次男は、ただいまハリネズミ?スカンク?状態で、少しの刺激でも針を飛ばしてくるので、もはや怖くて近寄れないんですけど、これはどうすればいいんですかね・・・。
      旅行後、長男は「次男もママもいなかった家は平和で最高だった」と言ってました。
      ・・・はやくこのトンネルを抜けたいです。

      よいご旅行になりますように!

  2. (↑海ママさんのコメントを読みました)
    台湾の話からそれて申し訳ないのですが、うちの息子も、夏休みに入るくらいから一気に足が大きくなり、背が伸びて、声が変わりはじめて。。と同時に私に対する態度がかなり劣悪になってきました。
    たまに本気で傷つくくらいひどい言葉を投げかけられたり。。(後で謝ってくるんですけどね)。

    これからさらに本格的な反抗期に入るのかと思うと、やり過ごせる自信が全くありません。。(泣)

    • HappyTravel&LifewithKids

      謝ってくるなんて、なんていい息子さん!!!!!
      もうそれだけで十分、ちゃんと心が育ってるんですよ。

      うちなんてもうね・・・(ひどすぎて書けない・・・)。

      たしかにうちの次男も、この半年で背が15cmも伸び、声変わりも始まりました。
      体の中でホルモンが暴れ狂っていて、体と心のアンバランスさを本人も持て余しているのでしょうが、母も更年期なんで、きついです・・・・。

      専門家に相談したところ(←相談が必要なレベルです)、私と次男はどちらかというと母子密着タイプだったので、次男が自立しようと、こう、くっついていた肌を引き剥がすがごとく、おたがい流血しながら離れていっているイメージだそうで、自立を肯定的に受け止めることが大事らしいです。
      かといって、放置はしないで、ぶつかりながらも受け止めていくのが大事らしいのですが、もう満身創痍なんですけど・・・。
      父親が、こう、最後の砦として、威厳のある、バシッと言えるタイプだとまた違うらしいのですが、うちは、残念ながら、そういうタイプではないので・・・・・・・・・・・・・・・。

      日々、次男とバトルを繰り返しているために、長男はいつのまにか反抗期が終わっていたようなので、これもいつか終わると願ってはいるのですが、それまで持ちこたえられるのかどうか。
      うちは、反省して謝ってくることなんて皆無なので、mayさんの息子さんはまだまだ大丈夫ですよ!!

      とにかく、自分の心の平和を保つべく、自分最優先で、旅行に行きましょう頑張りましょうね!

  3. 満身創痍。。わかります!!
    反抗期と更年期。。ほんと重なると辛いですよね、同じです。
    私も専門家のアドバイスが欲しい。。
    (子供のことだけじゃなく、できれば夫のことも相談したい。。
    えっ…?そうです、どちらかというとこっちがメインかもしれません汗)

    反抗期があるのは順調に成長している証拠だとも聞きますが、反抗期がなかったって人もたまにいますよね?(でも普通にいい人だったりする)
    この違いって一体何なんでしょうね?

    やはり旅に出て命の洗濯をしなくては。。
    できれば1ヶ月くらい。。(^_^;) 
    (帰ってこれなくなりそう)

    • HappyTravel&LifewithKids

      そうなんですよね・・夫婦の関係もだんだん変化してきますよね。
      我が家は、そもそも夫は子育てにはノータッチもいいところで、次第にまったく期待しなくなり、今となっては明日から急に出張と言われても、「だから何?」くらいな、いても存在感なく、いなくても全く困らない存在と化しています・・・。
      そういうのも、夫を立てつつ?相談しながら、うまくやっているご夫婦のほうが多いのですが、私は下手だったんですよね。

      息子たちの思春期に際して、今こそパパの出番です!みたいなアドバイスも多いのですが、我が家の場合、次男の激反抗期について彼からの”アドバイス”的なご意見を聞かされるのですけれども、それに対する私の気持ちは、内容はともかく、まずはこう、ムクムクと湧き上がってくるこの”殺意”をね、どうにかやり過ごす必要があると申しましょうか・・・。
      100歩譲って、聞くに値するアドバイスだとしても、素直にそれを聞けるような、そんな心境ではもはやないんですよねこれが・・・。
      今まで子育てしてこなかった(※本人はそう思っていない)のに、二人息子いるのにうんちのおむつを変えたこともないくせに、こういうときだけ偉そうに上から何言ってんの!キーーーーーーーーっ!!!!っていうね・・・。

      何でも男性はたった今現在の状況を見て判断する能力が優れているらしいのですが、女性は今までの歴史をすべて記憶していてそこを含めて判断しがちらしく、まさしく、私の中には今までの家族の歴史において溜まりに溜まった不満が山積していて、切り崩せないんです。夫からしてみれば、今更「おむつだってかえたことないくせに!」とか言われて、はあ?って感じらしいのですが、私自身も理不尽だとわかりつつも、もてあますこの感情!!!更年期だからなのかもしれませんが、それを夫から指摘されると、さらにイライラするのはなぜ?

      はーはーはーはー・・失礼しました、うっかりコメント欄で夫婦相談を・・・・・。

      そうなんですよね。反抗期がないお子さんも今は多いらしく、周囲でもとても良好な親子関係の方も多いです。
      親の考えを押し付けたりしない、そもそも尊敬できる親だったりするからという話もありますが、そう言われるとね〜耳が痛いです・・・。

      我が家の場合は、夫婦関係も、親子関係も、私の側にも反省するべきことは多々あるとわかっておりますので、反省するという名目で一年くらい旅にでたいです。

  4. (何度もすみません。。)

    海ママさん、私の心の叫びをそのまま言葉にしてくださり、ありがとうございます!!!!!!(連打)
    オムツ替えはもちろんのこと、寝不足で死にそうだった頃、週末のたびにゴルフに行ってた夫の愚行を死ぬまで忘れません。

    私も、子育てについては毎日のように反省と自己嫌悪の繰り返しです。
    私も反省するという名目で、2年くらい海外に滞在して修行してこようかと。。(???)

    あらっ、いつの間にか台湾の話から脱線してしまいましたね、大変失礼いたしました(^_^;)。

    • HappyTravel&LifewithKids

      お言葉に甘えて?叫んでしまい大変失礼いたしました。
      あれですよね、出産・子供小さいときの育児時代の夫への怒りってなんでこんなにくっきりはっきり覚えているんでしょうね・・・。
      そうですよ、海外修行が必要ですよね!

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!