【台湾】子連れ家族旅行おすすめホテル

(2013/10公開 2018/6更新)

台湾は日本から近く、旅行先として人気ですよね。LCCの本数も多いので、手軽に行きやすいです。

私は独身時代と、長男が小さい時に訪れました。独身の時は存分に街歩きを楽しめたのですが、子連れではまだ歩けない時期だったこともあり、息子はあまり楽しめなかったかな・・と反省しました。

2018/6に、台湾在住ママminさん(2人のお子様のママさんです。ご主人様のお仕事の関係で台湾のホテルの多くに宿泊されています)をご紹介いただき、ホテルの宿泊レポートをいただけることになりました。
台北のホテルを中心に、子連れファミリー向けのホテルについて、minさんのおすすめホテルをご紹介しております。

当初は小さいお子さん連れの場合の滞在型の旅行を念頭において、”プールや子供の遊べる施設の有無”や”子供添い寝の可否やファミリールーム”にこだわって、おすすめホテルをご紹介していたのですが、多くのファミリーの接待経験のあるminさんのアドバイスにより、台北のホテルについて、よりリーズナブルで使い勝手の良いホテルを追加中です。

只今、minさんファミリーの宿泊されたホテルについて、実際に宿泊した際の感想を追加中です!

お知らせ
(2018/6)新しく新サイトにて、台湾の子連れ家族旅行向けのホテル情報のページを作りました。
地図や動画を加えてイメージしやすくなっています。よろしければこちらもぜひご覧ください。
台湾子連れ家族旅行おすすめホテル

★台北(タイペイ)市内の子連れ家族旅行おすすめホテル(5つ星クラスの高級ホテル)

台北晶華酒店/ザ リージェント タイペイ (Regent Taipei Hotel)
★★★★★
台北中心地にあり、どこに出るのも非常に便利な立地です。
プール、ベビーシッター手配サービスがあります。
11歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)

(minママさんより)
台北中心部にある、安定した評価のある5つ星ホテルです。
今のように海外ブランドホテルが揃う前は随一の高級ホテルだったそうです
日本からのツアー等でもよく利用されておりJTBツアー利用者用のラウンジなどもあります。
中山駅まで徒歩約5分で、台北市内の観光スポットにはどこへ行くにも便利な立地です。
周辺にはスーパーや飲食店も数多くあります。
道路を挟んで大きな公園があり、滑り台などの遊具もあります。
寧夏夜市までも歩くことができますが、お子様連れならタクシーがいいと思います。
雙連市場 (雙連朝市)には徒歩5分程度で行くことができます。
屋外プールがあるので、夏休み期間は特に子連れファミリーが多いです。
キッズルームもあり、夏休みなどの長期休暇期間は子供向けのイベントが開催されています。
12才以下のお子様の場合は添い寝が無料です(朝食は有料です)。
ベッドも広めなので、ご家族で一部屋に宿泊いただくことができます。
日本人スタッフもいらっしゃいます。
ベビーカー貸出サービスもありますが、時期によっては人気なので、予約の際にリクエストを入れるのがおすすめです。

台北大倉久和大飯店/オークラ プレステージ台北/The Okura Prestige Taipei
★★★★★
台北中心地にあり、中山駅まで徒歩3分と立地は最高です。
屋外プールがあります(スイミングキャップが必要です)。
大浴場やフィットネスジムもありますが16才以下は利用できません。
11歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)

(minママさんより)
台北中心部で中山駅まで徒歩3分と立地は抜群です(リージェントホテルの近くですが、リージェントよりも駅には近いです)
日系ホテルで、日本人スタッフが常駐している安心感もあり、特に三世代で旅行される方には非常に人気があるので、まずこちらのホテルをおすすめします。
コンビニやスーパー、飲食店も近隣に数多くあります。三越もすぐそばです。
ホテル内にキッズクラブなどはありませんが、雨の日は中山駅の新光三越のおもちゃ売り場の子供が遊べる工作コーナーなどを訪れるのもおすすめです。
近くに大きな公園があり、少しですが滑り台などの遊具もあります。
部屋は広々としており、11才以下は添い寝の場合無料で宿泊できます。
屋上プールがあります(スイミングキャップが必要です)。また、12才以下は保護者の付き添いが必要です。
大浴場も人気ですが、16才以下は利用することができません。
寧夏夜市まで歩けますが、子供には少し距離があるのでタクシー利用がおすすめです。
包装の美しい、パイナップルケーキも有名です。

★★★★★
子供向けエリアのあるプールやファミリールームがあります。
12歳まで添い寝無料の記載あり(expedia)

(minママさんより)
101や地下鉄の駅に近いですが、街の中心からは少し外れているので、小さな子連れならタクシーで移動するのが便利かもしれません。101へはスカイウォークで行くことができます。
大きなホテルですが、子連れへの配慮も行き届いていて、安心感がありました。日本人のスタッフの方もいらっしゃいました。
また、キッズアメニティも充実しており、子供用にぬいぐるみをいただきました(ハイアットの会員だからかもしれません)。シッターサービスなどもあります。
屋外プールはそれほど大きくありませんが、子供用の浅いプールもあります。
カバナや日陰のチェアもありました。浮き輪も貸してもらえます。

★★★★★
40階に眺めのいいジャグジー付プールがあります。台北市を眺めることができます。
12歳まで1名添い寝無料の記載あり(expedia)

(minママさんより)
2016年の夏と秋に宿泊しました。
最寄りの地下鉄の駅から10分程度歩くなど、公共交通期間を使う場合は若干不便な立地です。
子連れの場合や季節によっては、タクシーをおすすめします。我が家は移動はほとんどタクシーでした。101へも徒歩では30分程度かかります。
また、空港送迎はホテルにリムジンタクシーを依頼することができます。
ホテルにはキッズクラブやプレイルームがないので、子供はプールに集まります。
それほど大きいプールではないので、午後の時間帯によっては子供が多いです。秋に宿泊した時は、寒かったので、子供はそれほどいませんでした。
冬でも寒すぎなければ入れます。屋上なので、街全体を見渡すことができます。
ホライズンクラブでの宿泊でしたが、スタッフは皆さん親切で子供にも気を配ってくれます。
ホテルはモールの中にあり、モールにはフードコートやスーパーもあります。価格は高めです。
規模は小さいですが近くの臨江街夜市までは徒歩でも行くことができます。
また、徒歩では20分ほどの距離に”大安森林公園”があり、遊具があります。
親は高級ホテル滞在を楽しみ、子供をプールで遊ばせて、観光はタクシーで周るというようなスケジュールであれば、おすすめのホテルです。
地下鉄を利用していろいろ周る計画であれば、もう少し地下鉄に近いホテルのほうがいいと思います。

グランドホテル台北/円山大飯店/THE GRAND HOTEL

★★★★★
台北のランドマーク的なホテルで、歴史を感じることができます。
屋外プールや子供用プールがあります。
大規模なホテルですが、比較的リーズナブルです。
士林夜市も歩いて行くことができます。
5歳まで添い寝無料の記載あり(expedia)

(minママさんより)
台湾が初めてなら、是非一度は宿泊されることをおすすめしたいホテルです。
様々な賞もとっている歴史的価値のあるホテルで、内外の賓客を迎えるホテルでもあります。
忠烈祠や故宮博物院に近いので、ホテル見学がツアーのコースになっていたり、昼食会場になっていることも多いです。
部屋は広いテラスのあるカテゴリーがおすすめです。高台にあるので、台北の街が見下ろせます。
駅から少々離れているので移動はタクシーがメインになりますが、MRT圓山駅(花博公園)まで6時30分から22時まで20〜30分間隔で無料シャトルバスが出ているので便利です。本数は少ないですが、士林観光夜市のある、MRT劍潭駅への無料シャトルバスもあります。
また、松山空港までの無料シャトルバスもあります。
プールはオリンピック基準も満たしている本格的な競技用プール(深いところは5m!もあり浮き輪が使用できないのでお子さんは気をつけてください)のほかに、夏は浅い子供用の小さなエリアもあります。ただ、いわゆるホテルプールやリゾートプールのような華やかさはありません。

★台北市内の子連れ家族旅行おすすめホテル(リーズナブルで使い勝手の良いホテル)

台北市内のリーズナブルな子連れ家族旅行おすすめホテル

minさんおすすめの、格安・リーズナブルなクラスのホテルでの子連れ家族旅行おすすめホテルをこちらにまとめています!。
是非御覧ください。

格安・リーズナブルで便利な子連れ家族旅行おすすめホテル

★台北(タイペイ)地域周辺の子連れ家族旅行おすすめホテル

★★★★
台北市街から車で1時間程度の温泉リゾートです。
”The spa water world”という温泉プールがあり、子供向けのエリアもあります。スライダーもあります!
(このエリアではスイムキャップが必要です※ホテル公式サイトでのThe spa water worldの説明
5歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)。ファミリールームあり。

(minママさんより)
台北市街から車で1時間程度の場所にあります。
見晴らしのいい山の中です。
駐在員もよく利用しているホテルですが、英語もあまり通じないことがあります。
親切なスタッフが多いので、英語が話せる方を呼んできてくれたり、身振り手振りでなんとかなりました。
豪華さはあまりありませんが、温泉設備が充実しています。
水着の着用が必要な広い露天風呂のほかに男女別の半露天風呂や室内温泉もあります。
特に家族連れには露天風呂の近くに水着で楽しめるSPAウォーターワールドが人気です。ウォータースライダーや子供が遊べる設備もあり家族で楽しめます。
台湾の多くのホテルと同様、露天風呂にも水泳用の帽子が必要です。
台湾に増えているスタイリッシュな新しいホテルと比較すると、ところどころ古さはあります。旧館と新館があり、新館のほうが新しいです。旧館も順次改装を進めているようですが、新館には部屋のテラスに半露天風呂のついている4人まで宿泊できる和洋室の部屋があり、子連れですと部屋でゆっくりできるのでおすすめです。
子供用の室内遊具のあるプレイルームもあります。
山の中で、館内のレストランも1つしかなく、近くに食事の選択肢があまりありません。
車があれば、近くの金山まで出て食事をすることになります。
コンビニもありませんので、必要なものは持参されたほうがいいです。
台北の観光拠点とするには交通の便が悪いですが、台北の喧騒から離れて、1日ゆっくり台湾の温泉を楽しむには良いホテルです。

★★★★☆
台北市街からMRTで40分程度の場所にある淡水にあり、屋外プールや遊具のあるキッズルームがあります。屋外プールは小さめですが、子供用のプールもあります。
大人4人まで宿泊できるファミリールームもあります。
6歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)。
(一方、booking.comでは”12歳未満のお子様2名まで 常設ベッド利用の宿泊は無料です”の記載がありました)
ご予約の際にはご注意ください。


★桃園(タオユェン)・新竹(シンチュー)地域周辺の子連れ家族旅行おすすめホテル

2016/1に、ウェスティンの本格的リゾートホテル、ザ ウェスティン タシー リゾート タオユアン (The Westin Tashee Resort Taoyuan) がオープンし、ウェスティンリゾート最大規模のキッズクラブも備えているともあって、台湾の子連れファミリーにも人気があります。台北からも1時間以内です。

★★★★★
2016オープンのウェスティンリゾートで、食やフィットネスにこだわりのあるホテルです。
ウェスティン最大規模のウェスティンファミリーキッズクラブがあり、異文化体験にもなるキッズプログラムが充実しています。
屋外プールには、台北近辺ホテルには珍しいスライダーもあります!滝などもある、リゾートプールで、プールサイドにはバーもあります。
桃園国際空港から車で55分、松山空港から50分の立地です。
6歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)

(minママさんより)
桃園國際空港から車で55分、松山空港から50分程度です。
台北近辺のホテルでは珍しい、ゴルフ場隣接の山の中にある本格的なリゾートホテルです。
スライダー付きの屋外プールや広いボールプールなどのあるキッズクラブも充実しています。ブランコや滑り台などの遊び場もあります。屋内プールもあります。他にもゴーカートや子供用の列車、ミニゴルフなどもありました。子供向けのアクティビティも季節に合わせて変化をつけて用意されているようです。
子供の喜ぶ施設が揃っています。
周囲にはなにもなく、台北市内にでるには車で1時間程度かかるので、台北の市内観光メインの方にはおすすめできませんが、ホテル発の日帰り体験ツアーなども開催されているので、それに参加してもいいと思います。
子連れファミリーにはとてもおすすめです。
学校が休みのシーズンだったため、子連れファミリーが多かったですが、日本人はあまりみかけませんでした。私の二人の子供(7才と4才)は大喜びでした。また行く予定です。

★★★★
動物園の中にありJTBなどの台湾ファミリー向けツアーでよく指定されているホテルです。ファミリールームもあります。
”六福村主題遊楽園”に隣接しており、サファリパークだけでなく、テーマパークやウォーターパークも楽しめます。

(minママさんより)
ホテルについては、台北ナビさんに詳しく載っています。
https://www.taipeinavi.com/hotel/349/
宿泊する際に私も参考にしました。
上の子が5才、下の子が2才の時に行ったのですが、上の子はもちろん、下の娘も動物のことがわかり始めた頃で、大興奮で大喜びしていました。
窓のすぐ外にキリンの顔が見えて、ずっと窓から離れませんでした。
台北からは六福村行きのバスがあります。バスで1時間ほどです。
新幹線では、台北から新竹まで新幹線で約30分。その後タクシーです。我が家はこの方法にしましたが、後から事前にホテルのシャトルバスを予約することもできると知りました。
ツアーなどでもよく使われているようなので、大型リゾートを想像していましたが、こじんまりとしたホテルでした。ホテルはアフリカをイメージしています。
ホテルの中庭に、大型動物、キリンやシマウマ、フラミンゴやサイがいるのはインパクトがあります。
動物園特有の匂いはあまり感じませんでした。
ワオキツネザルも放し飼いで、人懐っこいです。小さな子供が触っても逃げなかったので、子供が喜んでいました。
到着時や夜アフリカンダンスショーがあり、宿泊客が盛り上がっていました。
動物のいる中庭に面した部屋が人気で、部屋のカテゴリーによって、見える風景が異なるので、予約の際はご注意ください。
我が家はケニアルームの中庭ビューの部屋を指定しました。
メゾネップタイプでゆったりしていましたが、バスダブはなく、シャワーだけでした。
朝食ビュッフェの評判は旅行予約サイトの口コミではあまりよくありませんでしたが、子供の食べられるものもあり、それほど困りませんでした。
ただ、レストランは館内の2つ以外は他に六福村の中くらいしか選択肢がありません。
ホテルから六福村テーマパークにはシャトルバスがあります。
また、ツアーなどのプランによって、六福村のテーマパークのチケットがついていることも多いです。
我が家はついていないプランで直接予約しました。

六福村のチケットについては、KLOOKやKKDAYなどのチケット販売サイトを経由し、外国人観光客特別価格などを利用すると半額近くなりますのでおすすめです。
KLOOK:leofoo village theme park
KKDAY: leofoo village theme park

★★★★
空港のすぐそばでトランジットに便利なホテルです。
15歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)
比較的リーズナブルです。屋内プールやキッズコーナーもあります。
ただ、ホテル周囲には子連れででかけて楽しめるような場所はあまりありません。


(minママさんより)
”台湾子連れ家族旅行おすすめホテル”というよりも、桃園国際空港での日をまたぐトランジットや、早朝便、深夜便などで、空港周辺に宿泊する必要がある場合には、こちらのホテルを選択される方が多いです。MRTの駅ともつながっています。
屋内プールやキッズコーナーもありますが、トランジット目的の方がほとんどなので、いつもすいている印象です。

★宜蘭(イーラン)地域周辺の子連れ家族旅行おすすめホテル

★★★★★
温泉地にありスパが充実しています。台北から車か電車で1時間程度です。
プールや温泉施設あり、キッズルームも充実しています。

(minママさんより)
屋外プール(台湾のホテルは多くがそうですが、こちらも帽子着用です)があります。
水着着用で楽しむ室内温泉施設は様々なお風呂があり、親子で楽しめます。
部屋も和洋室のファミリールームなど、バラエティがありました。宿泊した部屋のお風呂も温泉で広く、家族でゆっくりできました。
それ以外にも卓球部屋や子供向けの室内アスレチックなどもあり、ファミリーで飽きずに楽しめます。
また、季節によっては、ショーやホテル主催のアクティビティなどもあります。
団体のお客さんも多かったです。
アクセスは、桃園国際空港から、エバーグリーンリゾートホテル行きの直行バスや、台北エバーホテルとの連絡バス(いずれも有料)があり、便利です。
電車の駅や礁溪温泉公園のすぐ近くです。

★★★★
昔ながらのローカルな雰囲気のホテルですが、温泉プールが充実していて子連れファミリーには評判がいいです。
プールにはスライダーもあります。


★花蓮地域周辺の子連れ家族旅行おすすめホテル

台北から電車で2〜3時間程度かかります。飛行機は花蓮空港までの国内線もあります。

★★★★★
総合リゾートパークの中にあるホテルです。
スライダー付きプールをはじめ、キッズプールの遊具も充実しており、また、ホテルのキッズルームや子供向けアクティビティも豊富です。
ファミリースイートもあります。

(minママさんより)
自然に囲まれたの台湾の広大なリゾートホテルで、様々な賞を受賞しており、子連れファミリーだけでなく、新婚旅行先としても人気があるホテルです。
市街地からタクシーで30分程度と交通はやや不便ですが、花蓮駅や空港からはホテルのシャトルバスサービスが予約できます。
※タクシーでは
花蓮空港からは50分(NT$約700)
花蓮駅からは30分(NT$約500)
空港から、駅から、それぞれ、ホテルのシャトルバスサービスもあります。
(ホテル公式サイトよりhttp://www.plcresort.com.tw/en/facilities/traffic-information)
広い敷地にプールやラグーンがあり、夜のショーやクルージング、子供向けの工作やクッキングなど様々なアクティビティが揃っているリゾートホテルです。
プールは、スライダーや洞窟風など、子供が喜ぶ仕掛けがあります。
また、子供用の屋内プレイルーム、キッズクラブ、屋外遊具もあります。
敷地内はカートで移動することができます。
このホテルを拠点に観光するというよりも、敷地内で楽しむ滞在型のホテルです。
子連れファミリーなら一日リゾート内で遊ぶことができます。
自然の中のホテルで、運河があるためか、蚊が多いように感じたので、肌にあった虫除けを持参されるといいと思います。

★台中地域

★★★★★
高速道路の対中月眉インターチェンジから車で10分。ウォーターパークもあるテーマパーク「麗宝楽園」の中のホテルです。子連れファミリーに評判がいいホテルです。
添い寝無料は1歳までですが、ファミリールームがあります。
子供向けのプレイルームがあります。

★台南地域周辺の子連れ家族旅行おすすめホテル

★★★★★
2014年オープンの比較的新しいホテルです。
プールやキッズルームがあります。
新光三越新天地デパートや新光三越小西商業エリアに隣接しています。徒歩で市内の古跡を巡ることができます。
高速鉄道「台南駅」より車で約30分、台湾鉄道「台南駅」より車で7分。
5才まで添い寝無料の記載あり(agoda)

★★★★★
台南駅前の便利な立地です。
プールがあります。キッズクラブはありません。
5才まで添い寝無料の記載あり(agoda)
※台北の”Shangri-La’s Far Eastern Plaza Hotel”と混同しがちなので予約の際はご注意ください。

★★★★★
台南駅からやや距離があります(タクシーで30分程度)が、デパートや公園に隣接しています。
キッズプレイルームや屋外プールがあります
5才まで添い寝無料の記載あり(agoda)。ファミリールームあり。

★★★
こじんまりとした三ツ星ホテルで比較的リーズナブルです。
広いファミリールームあり。屋内、屋外プールがあります。
高速の出口からすぐで、車での移動には便利ですが、電車を利用する場合は台南駅から乗り換えが必要で、少々不便です。
6才まで添い寝無料の記載あり(agoda)

★高雄地域周辺の子連れ家族旅行おすすめホテル

★★★★★
高雄市街からバスで20〜30分程度かかります。
台湾最大級のテーマパーク「義大世界」の中のホテルで、アウトレットモールや遊園地に隣接しています。
スライダーのあるプールやキッズクラブなど子供のための施設も充実しています。
ファミリールームもあります。

2015秋に宿泊されたikuさんより情報をいただきました。
「それなりに楽しめますが一回いけばよいかんじです。遊園地は超絶叫系か園児用の二極で小1息子はあまり楽しめませんでした。すごく空いてて採算とれてるのか心配なほどでした」とのこと。でもホテルは総じて豪華できれいで清潔で、室内プールなどもあるそうです。予約サイトの口コミなどでも「2泊以上すると飽きる」のコメントもあり、子連れ旅行の際の子供のための1泊くらいにいいのかもしれないですね。

★★★★★
12歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)。屋外プールあり。百貨店と同じビルにあり便利

★★★★★
MRTの駅から徒歩15分程度です。
近くに水遊びのできる市立公園(自來水公園)と高雄の文化センターがあります。
ホテルの中に屋内プールあり(110cm以下のお子さんは利用できません)帽子が必要です。
ファミリールームあり。
古いホテルなので、ところどころ老朽化も見られますが、時期によってagoda等での割引率が高くコストパフォーマンスはいいです。
添い寝は1歳までとのことです(agoda)

★墾丁(ケンディン)の子連れ家族旅行おすすめホテル

高雄から直通バスで2〜3時間の場所にあります。
台湾のリゾートエリアで南国気分が味わえる地域です。

墾丁凱撒大飯店/シーザー パーク ホテル ケンティン (Caesar Park Hotel Kenting)
★★★★★
ビーチ沿いのリゾートホテルです。高雄の駅から無料送迎バスが出ています。
ヤシの木に囲まれたプールなど、リゾート感満載です。
プレイルームやアクティビティ、ゲームセンターなど子供用のレクリエーションセンターがあり、充実しています。
4人家族用のファミリールームあり。
夜市にも歩いていくことができます。


悠活度假村/Yoho Beach Resort
★★★★★
スライダーやバケツがひっくり返る仕掛けなど、子供が喜ぶプールのアクティビティが比較的充実しています。
添い寝の可否については身長が基準になっています。
agodaに以下の記載がありました。
”【お子さまの宿泊】身長80~110 cmのお子さまが添い寝でご宿泊の場合、朝食料金TWD 55をお支払いください。”
”【お子さまのご宿泊について】身長が110cm以上のお子さまは大人の扱いとさせていただきます”


※星の数(ホテルランク)はAgodaより。添い寝等の情報は頻繁に変更になりますので、ご確認ください。

8 comments

  1. はじめまして、4歳1歳の子供がいて、そろそろ海外旅行でもと思い

    こちらのブログを熟読してます。

    とっても情報が充実してますね!

    プラス、海ママさんの面白すぎな文章がツボにはまり、毎日のように来てしまいます。

    初・子連れ海外の有力候補が台湾なので、とても参考になりました。うちもプール必須です。

    ただ台湾、プールはいいとして、他に小さい子供が楽しめるのかどうか?確信が持てず。

    1歳はどうせわからないからいいけど、4歳の方にはできたら海外=面白い、また行きたい!という印象を与えたいです。

    やはりビーチリゾートの方がいいんですかね。

    • はじめまして!コメントありがとうございます。
      いえいえ、しょぼい妄想旅行ブログですみません・・・・・・。

      私も台湾には、母子+知人で行って失敗してまして(汗)、子供はどこでもそれなりに楽しめるとは思うのですが、子供のペースにあわせられるスケジュールが大事だな~と痛感しました・・・・。
      そういう点ではビーチリゾートは、歩き回らずにホテルの中でプールとか、ビーチでゆったりとかできるので、子供のペースにあわせやすいですよね~。
      でも台湾も子連れに優しいし、ゆったりスケジュールならいろいろと楽しめると思います。
      楽しいご旅行ができますように!
      コメントありがとうございました!

  2. 台湾もいいですよね~。でも確かに子供が喜ぶかというと、難しいかもしれません。

    地元の空港から台北の直行便があるので、桃園でオーバーナイトトランジットを2回しました。

    ノボテル台北桃園国際空港は空港から無料バスで数分。
    トランジットホテル以外の何物でもない、無機質なホテルです。
    確か、子供用のエキストラベッド、朝食は無料で、心地よく過ごせました。

    クヴァシャトーホテルは、書いて頂いている通り、タクシー代がバカになりません。
    周りに楽しいところはありません。
    ただ、正面に大きな公園があり、朝。暗いうちから運動に励む老若男女を見ることができます。

    こんなことも、ホテルレビューに書かせていただきたい、と思っていたのに
    体たらくですみません。

    それでは楽しい妄想をお続け下さい!
    私は春休みの香港妄想旅に出かけます。

    • おおおおっ!さすがです!!!!
      そうなんですよね~。一度失敗しているので、ホテル選び大事ですよね・・・。

      ノボテルはトランジットホテルとしての役割に専念している感じなんですね(笑)。台北トランジットでバリとかいいですよね~。
      消去法で、クバシャトーホテルいいな~と思ってるんですよね~。
      公園があれば、ごみごみしてる感も打ち消せそうかなと・・・・・・。
      台湾に万が一行けることになっても、楽しみなのは私だけになりそう・・・。

      さすがmisonoさん!またぜひ教えてください!!!!!
      春休み香港いいですね~!!!!
      マカオに行きたいな~。
      最近、妄想旅行に旅立ったままで、帰ってきていない毎日です・・・・。

  3. さっちゃんパパ

    急に8月に台湾に行こうとスキャナーやら LCC で価格調査してみました。
    チャイナエアをクリックし昨夜驚きの4人で 67,000 (燃油込み) を見つけたのもつかの間、本日にはなくなり価格は倍に。
    LCC も今ひとつで四人で 12万円。

    プロモーションに期待しかないとは思いますが、何かコツはありますかね?

    • いいですね~!!マンゴーおいしそうですよね~。
      夏休みの台湾はツアーの方が安いですよね。
      バニラのプロモーションだとオフシーズン片道3000円とかででますが、夏休みはなかなか厳しそうですよね。
      そのチャイナエアの価格がむしろ驚きですよ!
      台湾からのお客さんも増えてますからね。。。
      私も台湾航空券チェックしているので、何か気がついたらアップしますね!

  4. 次回の時で構いません。
    台湾のホテル名をカタカナまたは英語で書いていらっしゃいますが、
    漢字で書かれたほうがわかりやすいのでできれはそうしていただけますでしょうか?
    そのほうがなじみが深いように思います。
    よろしくお願いいたします。

    • ご指摘ありがとうございます!
      たしかにおっしゃるとおり台湾のホテル名は漢字のほうがいいですね!
      少しずつ変更したいと思います。
      コメントありがとうございました。

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!