そもそも、今回、迪化街を訪れた大きなミッションの一つが漢方薬探しだったのですが・・・(記事⇒台湾(台北)で漢方薬を買いたい

ええ・・・結論から申し上げますと・・・買えませんでした・・・・💧。

いくつものお店をめぐって、こういう漢方薬がほしいとご相談し、そして、あるにはあったのですが、まあ、ご想像通り、大きめの容器にいかにも飲みにくそうな粉がつまったものが一般的だったんですよね。


いろいろなお店で伺ったのですが、こちらの”黄裕生”というお店の方がとても親身に相談に乗ってくださいました。

ピントがずれてしまっていてわかりにくいのですが、右の写真の奥の緑と青のボトルが漢方薬のボトルで、全て粉です。だいたい1ボトル800元くらいから、種類によって価格が違うのですが、私が本で読んで指定した内容のものもありました。

ただ、日本にある市販の漢方薬は顆粒になっていたり、丸薬になっていたり、糖衣になっていたり、飲みやすい工夫があるのですが、こちらは、あたりまえですが、粉の”ザ・漢方薬”です。

飲み合わせや、適切な量などをお伺いするまでの意思疎通もできず、飲める気が全然しなかったため、残念ながら見送った次第でございます・・・。

素人が突然行っても、そう簡単に手を出せるものではないのだなと実感しました。
本気で試してみたい場合は、中医師に処方していただいたほうがよさそうですね。


すでに調合してあるタイプのものを扱っているお店もあるにはあったのですが、”女性・更年期”などというメモを見せると、「元気、これ、夜、精力ね」という、こう、黒いバックに「蛇」「勢」「精」「根」とかいう活字が、目に飛び込んでくるようなボトルを絶賛おすすめしてくださいまして、それは・・・若干・・・求めているものとは違うかなっていう・・・。

「日本人、これ人気。みんな買う!」

買ってるんだ・・・・。


漢方薬のことをお伺いがてら、お土産も購入。

こちらの”元信蔘藥行”さんは、ドライフルーツや乾物が豊富で、エンドレスで試食を勧めてくださいました。

フルーツティーとプーアール茶を購入できました。フルーツティーはドライフルーツがたっぷりはいっていて、美味しかったです。ドライフルーツもおいしそうなものがたくさんあったのですが、最初に寄ったのがこのお店だったため、他のお店をみてからまたこようなどと思っているうちに、買いそびれてしまいました。


そして、oluoluさんにおすすめいただいた花生酥をネットで調べていた「紅海棠」というお店で無事購入できました!

硬いピーナッツクッキーのような味で、とてもおいしかったです!!これは次回も見つけたら購入したいです。


八仙果という喉に良いという飴?のような薬を購入したのですが、これが・・・私にも少々強烈なお味でして・・・息子達には無理でした。「美味しい」という感想も目にしておりますので、人それぞれではないかと思います。。

こちらのお店ではなめやすいドロップタイプのものを販売していました。


そして、前回購入して、とてもおいしかった永久號のからすみも今回も購入できました。

600元(2000〜2400円程度)のものを購入したのですが、日本ではとてもこのお値段では購入できないと思いますので、お好きな方はおすすめです。私は、昨年台湾を訪れるまで、特段からすみには縁のない生活を送っておりまして自分がからすみを好きなのかどうかもよくわからなかったのですが、こちらのからすみをいただいてみて、大好きになりました。

私の前に、中国本土からいらしたというおじさんが、爆買いされていたので、「私の分も残しておいて〜」と念じていたのですが、大丈夫でした。

+6