Home / 旅行記 / 台湾 / 2018秋台北1泊ママ一人旅(旅行記) / シティースイーツナンシの朝食

シティースイーツナンシの朝食

翌朝です。今日はもう帰るなんて、1泊なんてあっという間ですね。
ホテルの朝食は7時からです。日本との時差が1時間ありますので日本では8時です。
朝食の前にホテル周辺を散歩してみました。

夜は遅くまで賑わっているのですが、朝はまだ比較的静かです。
向かいのホテルには朝もウィンドウごしにビーナスがぼんやりと見えます。

ホテルから徒歩1分くらいの場所にコインランドリーがありました。
ホテル内にコインランドリーはなかったので、長期で宿泊する場合はこちらが使えるかもしれません。ただ長期の場合は、ランドリー付きのホテルを選択されたほうが便利かと思います。

朝食会場です。
品数はそれほど多くはなく、こじんまりとしていますが、ビジネスホテルであると考えると十分ですし、コストパフォーマンスはいいです。

 

サラダや温野菜のバリエーションがあり、野菜をたっぷりいただけるのは嬉しいです。

魯肉飯もありました。

私は一番乗りでしたが、私が朝食を終える頃にエッグステーションもスタートしたようです。
朝食時にお見かけした方は皆さん日本の方でした。
他にもおひとりさまで朝食を取られている方もいらっしゃいましたので、女子ひとり旅にも気楽なホテルですね。

2 comments

  1. うちは夫が阜杭豆漿という店の鹹豆漿にはまってしまったので、台北に行く時はホテルの朝食がついてないプランにして、朝は豆漿屋さんめぐり。
    私のおすすめは、飯糰(おにぎり)と暖かい甜豆漿!
    おにぎりがでっかいので、夫には「そんなの食べるからブクブク太るんだよ」と言われますけど(-_-;)もち米のおにぎりモッチモチで美味しい!

    • HappyTravel&LifewithKids

      阜杭豆漿って、すっごい人気あるところですよね!?
      みなさん並んで食べるとか・・・。やっぱりそれだけのことがあるお味なんですね!
      甘い甜豆漿は今回試せなかったので、次回は試したい〜。
      もち米のおにぎり食べたい〜〜〜!!!
      私も当初は朝食をつけない方向で考えていたのですが、なぜかホテルのプランが返金なしの場合朝食付きしかなくて、キャンセル可の朝食なしプランの半額くらいだったので、もうそれしか選択の余地がなかったんですよね〜。B級だけでもまだまだ食べたいものがたくさんあるって、台湾最高!
      台湾のみなさん、普通に朝食や夕食を作らないで外で食べるのってすごい便利ですよね。
      我が家最近週末の大戸屋orくら寿司率が高めなのですが、”普通に家計を圧迫してくる”vs”週末は食事作りたくない”の間で揺れてます。

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!