Home / 旅行記 / その他国内 / 松山 / 猛暑の松山子連れ1泊2日旅行:東道後のそらともり(客室)

猛暑の松山子連れ1泊2日旅行:東道後のそらともり(客室)

16時より少し前にチェックインさせていただきました。

お部屋はこんな感じです。次男と二人の旅行には珍しく、広々としています。

アメニティも揃っています。

クローゼットがないなど、微妙に高級感はないのですが、私と次男には十分ですね。

そして念願の部屋付き露天風呂です。

次男は早速入浴タイムです。バタ足もできる広さです。

次男はゲームをしながら温泉、私は読書しながら温泉という、至福すぎる時間を満喫しました。
最高です。

次男もう、今日はどこにもいかないで、二人でずっとここにいよう♡とか言ってます。

いやいや、愛し合う若い二人だったら、それもいいでしょうが、彼の場合、ゲームがしたいだけの単なるものぐさ野郎発言です。

徳島まで行って、すぐそこの鳴門の渦潮を見に行かなかったという二人なので、油断できません。

私「え、ちょっとまって。松山まで来て、しかも、初の松山で道後温泉に行かないとかないから。それはないから!しかも、600円のいよてつ1dayチケット160円分しか使ってないし、涼しくなったら行くよ!」

カップルだったら、非常に興ざめな彼女の一言ですが、違いますのでね。

今回の宿は、”東道後のそらともり”で楽天から予約して宿泊しました。

大人:12520円×1+小学生:12520円×85%×1人=23162円(デラックスルーム・朝食付き)/ 1泊
小学生まで子供料金で大人料金の85%です。
幼児添い寝はベッド1つについて1名まで可能とのことでした。

楽天トラベルの”露天風呂付き客室のある人気温泉宿ランキング(2018/1公開)”で、全国3位の宿ということですが、露天風呂付きの客室としてはリーズナブルだと思います。

ただ、子連れ向きかというと、どちらかというとカップルや、仲良し女子会向きかなという印象を受けました。館内の照明も暗めで、静かな音楽がかかっています。

食事処に小さなキッズルームはありますが、平日だったこともあってか、子供の姿はほとんど見かけませんでした。翌日の朝食を館内の食事処でいただいたのですが、宿泊客は我々以外は男女二人連ればかりでした。
まあ、我々も”男女二人”といえば言えなくもないですが。

次男はもう子供といってもゲームさえできれば幸せな小学生高学年なので、小さな子供ではないですよね。

小さなお子さん連れの場合は、先に挙げた、道後温泉に近い”道後プリンスホテル”や、夏の場合はプールのある奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)などの、子連れ向けのサービスが充実している大型の宿の方が、発散できそうです。

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!