かねてからどうしても私が行ってみたかったホイアン。当初次男との二人の旅行の予定だったので、私の興味だけでホイアンに決めました。ホイアンという街を堪能しまくりたい!と思い5泊市内で考えていましたが、その後、家族4人で行くことになったため、旧市街近くのホテルに2泊、海沿いに3泊の予定に変更しました。

最初の2泊ですが、ホイアンは比較的価格帯も手頃な三ツ星~四ツ星クラスのプチホテルがたくさんあり、どのホテルも泊まってみたいホテルばかりで、本当に迷いました。どのホテルに泊まろうか考えている時間って最高に幸せです。


候補として最後まで迷っていたのは以下の二つのホテルです。いずれも口コミで評価が高く、家族4人でもリーズナブルに宿泊できそうで、プールもあるホテルです。

(星の数と評価はいずれもagodaより2015/7/28現在)

[one_third]
Muca Hoi An Boutique Resort & Spa
★★★★9.1
できたばかりの新しいホテルで4人まで宿泊できるファミリーコネクティングルームあり
[/one_third]

[one_third]

[/one_third]

[one_third_last]

[/one_third_last]

[one_third]
Hoi An Ancient House Village Resort & Spa
★★★★9.0
12歳まで添い寝無料。エキストラベッドなども可。広々としたガーデンヴィラでも比較的リーズナブル。

[/one_third]

[one_third]

[/one_third]

[one_third_last]

[/one_third_last]


そして迷いに迷った末、今回はこちらのホテルにしました。

[one_third]
La Residencia Hoi An Luxury Boutique Hotel
★★★★9.1
[/one_third]

[one_third]

[/one_third]

[one_third_last]

[/one_third_last]


決めたポイントは、ホイアンの旧市街に徒歩で行ける立地(徒歩10分程度)と、トリップアドバイザーなどでの評判がいいこと、新しいこと、オープン記念で宿泊料50%オフのプロモーションをしていたこと、プールがあること、です。

当初はAgodaより予約を入れていたのですが、エキストラベッド対応や子供達の食事、空港迎え等についてホテルに問い合わせることになり、その流れでホテルとの直接予約になりました。

カテゴリーはスイート(リバーサイド/タウンサイド)と、ジュニアスイート(リバーサイド/タウンサイド)、コネクティングルーム。全部で50部屋の小さなホテルです。

当初はスイート(タウン)にエキストラベット1台追加、添い寝の子供の朝食でお願いしていたのですが、パパがいないということで、直前にジュニアスイートに変更しました。シングルベッド二つの部屋でも良かったのですが、なんとなくキングサイズ1つの部屋にしてしまい、さすがにベッド一つで3人では厳しかったです。
つまりスイートでもエキストラ一つでは厳しかったのだな~と思いました。4人ならコネクティングルームがいいのかもしれません。


先ほどネットでカード会社からの請求額をチェックしたところ、agodaで予約した場合とほぼ同じ(agodaの方が500円ほど安い)でした。

おそらく、ホテル直接予約の表示金額(ドル)→ホテルからの実際の請求(ドル→ドン)→カード会社からの請求(ドン→円)の過程での換算レート等によっても左右されるのだと思います。agodaやexpediaなどの社内での通貨換算レートの方がカード会社のレートなどよりも良かったり、日々変動するものなので時期によって違うので、同じ価格なら円建てでの請求額がはっきりしているのも安心かもしれません。

当初の見積もりは(大人二人+子供一人エキストラベッド+添い寝子供一人)
(USD90+エキストラベッドUSD30+添い寝子供朝食USD5)*2night=USD250
でしたが、パパが減ったことで部屋を変更して、エキストラをなくしたので
(USD60+USD5)*2night=USD130
でした。これに23ドルの迎え料金が加わり、
総額USD153ドル⇒ホテルからの請求3,258,900ドン⇒JCBからの請求19,227円

今日チェックしてみたところagodaならサービス料・tax込みで14,560円、これに添い寝子供朝食USD10+送迎USD23を加えての比較となります。


ホテル予約について暑苦しく語ったところで、こちらが到着したホテルです。
ポルトガル様式に統一されていてタイルや模様がとてもかわいらしいです。
ホテル到着後すぐにこちらのラウンジに案内していただき、とてもおいしいスイカドリンクをいただきながら、ホテルについてやホイアンの街について説明してくださいました。スタッフはとても親切でフレンドリーです。
IMGP3700

位置はわかりにくいですが、写真の左端の赤い矢印の先です。地図中の左下にあるLITTLE HOIANとは姉妹ホテルです。
IMG_3976

今回は行きませんでしたが、アンバンビーチへのシャトルバスもでています。
IMG_3977

廊下。絵や写真がそこここに飾ってあります。
IMGP3724

お部屋はこちらです。

キングサイズベッド。子供達に蹴られまくりました。とてもこじんまりとしたお部屋なので、エキストラベッドを入れると狭そうですが、入れたほうがよかったかもしれません。

子供達は部屋に入るやいなやベッドに直行し、そのまま就寝・・・・・・・・・・。
夕食はなしですか・・?。当初の予定ではホテル到着後軽い夕食をとりパパに子供達をみていてもらって、私は夜のホイアンを散策するつもりでした。そのために到着も早くしたのでは・・・。まあそんなこともあるよねと、一人、ウェルカムフルーツで空腹を満たしつつ、初日の夜をすごしました。
wifiのつながりはとってもよかったです。

IMGP3715
IMGP3718

ウェルカムフルーツ
IMGP3716

スイートはバスタブがありますが、ジュニアスイートにはありません。
IMGP3714

レインシャワー。気持ちいいですよね。
IMGP3722

毎日お水2本が補充されます。
IMGP3720

アメニティ。歯ブラシは意外と毛足がしっかりしていました。
IMGP3721

ベッドサイド。
IMGP3734
IMGP4082

翌朝の窓からの風景。最もリーズナブルなタウンビューカテゴリーで予約したのですが、リバービューにアップグレードしていただいていたようです。トゥボン川・・・きれい・・・ではないですが、朝早くから仕事に急ぐ人々の姿や夜になると出現する屋台など異国情緒に浸れます。
IMGP3738

こじんまりとしたテラスです。日中は暑くて出られませんが、夕方などはいいかもしれません。
IMGP3948

ホテルの裏手には牛。。。。。
IMGP3759

ホテルの入り口。
IMGP3778
IMGP3955

こちらはホテルの裏手からの写真ですが、手前が宿泊したレジデンシアで奥の立派なホテルが、Hotel Royal Hoi An Mgallery Collectionです。

IMGP3957

そしてこちらがHotel Royal Hoi An Mgallery Collectionのエントランスです。格が違います!!!!!こちらのホテルも11歳まで添い寝無料なので、エキストラベッドなどと組み合わせて家族でも泊まれそうでしたが、予算的にやめました・・・。

IMGP3945

0