那覇空港国内線ターミナルからはホテルまではタクシーで行きました。

うみそらトンネルを使ってもらい、10分もかからなかったです、料金は1,130円です。
ホテル到着は夜の8時すぎでした。

初日のホテルは、2年前に台風で帰れなくなった際に宿泊し、お得感を満喫したチサンリゾート那覇(10月よりロワジールホテルに統合され、”ロワジールホテル那覇イースト”になるそうです)。

このホテルの何がすばらしいって、
[highlight]①12歳以下の添い寝無料[/highlight]
[highlight]②当日18時までの連絡でキャンセル無料(公式サイトでの予約の場合)[/highlight]
③チサンリゾート那覇自体はいわゆるビジネスホテルでリゾート感などまるでないですが、3Fの連絡通路でロワジールホテルとつながっていて[highlight]プールや温泉を使える(有料)し、ロワジールのレストランやお店も楽しめますし、朝食会場もロワジール[/highlight]でこばんざめのようにロワジールホテルのおこぼれをもらえます。

今回は公式サイトで予約し、早割45朝食付きプラン(子供添い寝)で[highlight]1室8,320円[/highlight]!
子供の朝食代は別途かかりますが、[highlight]家族4人で1泊朝食付きで1万円切る[/highlight]なんて、奥様!夏の沖縄、プール付きのホテルでこんなにお得なホテルはそうそうないですよ。
しかも、添い寝の子供用にということでスリッパと歯ブラシとミニタオルのセットまでいただいきました。

2年前に宿泊してそのコストパフォーマンスの素晴らしさに感動したのですが、しかーーーし!
子供の2年は大きかった・・・・狭いです・・・・・・。
スタンダードツイン18平米、ベット幅100cmという部屋なのですが、小学3年生とのシングルベットでの添い寝は非常にきつかったです。
蹴られまくりました・・・。
初日なんて寝るだけなので、いいやと思っていたのですが、寝るだけだからこそ、ベットは大事ですね。
IMGP0022IMGP0024

まあ、ロワジールホテル自体もお得なプランがいろいろあるので、次に添い寝で泊まるとしたらロワジールホテルですかね・・。
こちらはロワジールホテルの入り口。
IMGP0027
こっちがチサンリゾート那覇
IMGP0028

そもそも夏の沖縄は、ホテルが高い!
西海岸の主要なリゾートホテルはツアーで押さえられているので、個別に宿泊しようとすると過去大好きだったホテル、ルネッサンスリゾートオキナワではピーク時家族4人で、1泊1室9万円・・・・・・。
なぜか楽天トラベルプライベートセールスではリッツカールトン沖縄が、常時、1泊1室約4万円というお得価格で販売されていて、ルネッサンスやブセナは幼児以外の子供の添い寝ができないので、このクラスで子供の添い寝扱いができるリッツカールトン沖縄は比較するとお得じゃない?!などと錯覚したのですが、子連れ向きのホテルでもなく、同じ料金で泊まれるアジアのリゾートの豪華さを思うと、決断できませんでした・・・。

ですので、今回の旅行は宿泊検索サイトで「安い順」に並べると上位にでてくるようなホテルの中から厳選した結果、リゾート感はほとんどありません
プールサイドでひたすらだらだらしていたい海パパにはちょっと残念なホテルチョイスでしたが、子供達は楽しそうでした。

さて、ホテル到着が8時過ぎということで、子供達も興奮気味ながら、さっとシャワーをあびて就寝します。
このホテルの便利なところがもう一つあり、ホテルの目の前、徒歩1分くらいのところに、かねひでという普通のショッピングセンターがあります。

パパが何かが食べたいというので、雨の降る中、私が購入しにいきました。
時間的にお惣菜が売り切れて種類がすくなかったのですが、おにぎりなどは少しのこっていました。
中に小さなパン屋さんもありました。

IMGP0029IMGP0030

子供達の寝顔をみながら、那覇のビジネスホテルの一室にて、スーパーの惣菜をいただき、旅行の初日が過ぎて行くのでした・・・。

[highlight]★最低価格保障をしているエクスペディアでチェック⇒ロワジールホテル那覇(旧チサンリゾート那覇)[/highlight]

0