プーケット2日目の朝です。
タイと日本は2時間の時差があって、タイのほうが遅いので、朝6時ごろに起きてしまいました(日本では8時)。

着替えてレストランへ。
3人がとぼとぼとレストランへの長い道のりを歩いていたところ、カートが止まってくれて乗せてくれました!ラッキー!
朝は頻繁にカートが行き来しているようでしたが、少し遅い時間になると完全にキャパオーバーになっている様子でした。

レストランはたしか6時30分頃オープンだったと思ったのですが、一番のりかと思いきや、韓国や中国からのお客様が数組いらっしゃいまいた。
でもやっぱりまだ空いていて、口コミ情報では、朝食に対する評価はサービス面も内容も全般的にかなりいまいちだったかと思いますが、別段普通でした。時間にもよるのでしょうね。

スタッフの方もまだ余裕があるので、親切にしてくださいました。
子供たちにブッフェをとらせると収拾つかなくなるので、私がとりにいっている間に、男性スタッフの方に何か話しかけられてへらへら笑っている長男と次男。
戻って「どうしたの?」と聞くと、
「何歳?って聞かれた」と長男。おお!ここで今まで惰性で続けてきた約7年間の英語教室の成果が!!
「で、なんてこたえたの?」
「なんにも・・・」
「なんで!!!(怒)」
「・・・だって・・・なんか話したくない・・・・」
「人から話しかけられたのに返事をしないってどういうことよ!!!(怒)」
「・・・・・知らない人だし・・・・・」
「はあああああ??????(怒)」
朝っぱらから私の怒り炸裂です。
だいたい、タイ語まで練習してきたのに、何なのこの海パパ譲りのコミュニケーション能力の低さは!
「・・・・もう今日アイス買ってあげるのやーめた・・・」(←何この育児能力の低さは!(汗))
「えーーー」

全然関係ないんですけど、以前長男の小学校で開かれた安全教育に参加したことがあるんですけど、「知らない人に話しかけられたときは大人の腕の長さ分だけ(つかまえられないように)離れて応対し、名前を聞かれたときは、何も言わないで去る」という、高度な指導がありました。すごい国になっちゃったな~日本って思ってたんですけど・・・・
それはそれとしてね、やっぱり母親がフレンドリーじゃないからなのか?と反省し、旅行最中は積極的にスタッフやら他のお客さんに自ら話しかけるようにした私ですが、子供たちからの反応は「ママ恥ずかしい」と。たしかにね。

★屋外席。暑そうです。

★ジュースコーナー

☆長男の朝食。食欲なし。
なんとなく、子供が食べそうなものをとってくるとこんな感じになってしまったのですが、日本のお味噌汁や豆腐や青菜の食事って相対的に健康にいいんだな~と海外にくると思いますよね(笑)。

☆次男の朝食。やる気なし。
彼らのためにとってきて、彼らが食べなかったかものを私が食べるという・・・・。この無駄に太る循環を断ち切りたいですね。

☆窓辺からは海も見えます。

0