ああ、夏が終わってしまいましたね・・・。いろいろと反省だらけの夏でした・・・・。

そんな夏の終わりごろ、我が家のパパが「今年の夏は旅行に行ってないよね」という耳を疑うような発言をしたんですよ。
自分の「沖縄の島に行きたい」という夢を妻がかなえたことを忘れたのでしょうか。老化ですね。
しかし、老化にはまだ早い子供たちも「今年の旅行はプールもなかったよね」とか言い出したんです。

ちょっと待ってほしい。少なくともプールありましたけど!!!!

・・・・・私、妻としても、母としても、本当に空回っているんだなと。
そう、家族がいても、人間は所詮、ひとりなんですよね。
そろそろ、一人で旅にでも出ようかしら。人はそれを家出と呼ぶかもしれないけれど。そんなすきま風の吹く我が家です。

「近場で、箱根あたりで1泊でもいいから、温泉でもゆっくりつかりたいな。贅沢は言わないから。」(byパパ)

・・・・・・・・・・・それが今の我が家には贅沢なんですよ・・・・・・・・・・。


というわけで「箱根、温泉」というパパの希望を尊重した上で、「プール、安い」を勝手に加えたイメージの1泊旅行に行ってまいりました。

「箱根、温泉、プール、安い」といったら、ユネッサンのホテル小湧園です。

老舗の大型ホテルで数十年前はそれなりのホテルだったように記憶しているのですが、改装などをしつつも老朽化は否めません。新しいホテルや宿が次々に登場している中でなんとか客室稼働率を上げるためでしょうか、リーズナブルなプランが頻繁に登場します。

小湧園に関してリーズナブルプランの登場率が高いのはじゃらん(ホテル小湧園)ではないかと思っているのですが、公式サイトも要チェックです。

今回はじゃらんの直前割引で素泊まり4人1室16,000円/1泊1室(夏休みの週末)プランの発売に昼に気がついて、夜に予約しようとしたらもう売り切れていました。このプランは食事はありませんが、エキストラとはいえベッドが4人分あるのがいいですよね。

売り切れ残念!と思っていたところ、翌日ホテル公式サイトで、「小学生まで添い寝無料、ユネッサン水着ゾーンチケットつき、朝食付きで20,000円/1泊1室」という、プランが発売されたので、すかさず公式サイトから予約しました。ちなみにユネッサンチケットと朝食は添い寝の子供の分もついています

ユネッサンチケットは、公式サイトでも旅行会社各社からも格安クーポンがでているので元の価格で入場される方は少ないのではないかと思いますが、通常は大人一人 2,900円 子供 1,600円なので、チケット代だけでも家族4人で9,000円はします。それにホテルの朝食がついているんですよ奥様!

夏休みの週末なのにこの価格。ただし、部屋は古くて狭くて暗くてベッドも小さく添い寝はつらい可能性が大であることは念のため申し添えておきます。
でも、箱根でこの時期この価格ならば屋根があるだけで感謝できる水準でありましょう。


箱根湯本からは通常であればバスで20分くらいです。
しかしながら、シーズンの箱根は湯本と宮ノ下間の渋滞が厳しく、通常だと20分のところ2時間くらい平気でかかるので、土日であれば、10時前をめどに箱根湯本に到着するか、もしくは登山鉄道で小涌谷まで行かれてバスかタクシー(ってタクシーあまり見かけませんでしたが)で行かれるのが無難ではないかと存じます。
小涌谷からはバスや車で3分程度の距離ですが、登り坂なので歩くのは小さい子連れにはややきついと思います。

我が家は10時くらいに湯本に到着し、バスで小涌園に向かいました。
バスでも「渋滞で動きがとれなくなった場合は、小さなマイクロバスに乗り換えになります。」という放送がありました。
乗り換えたからってどうなんでしょうか。何かすごい抜け道でもあるのでしょうか?とものすごく興味があったのですが、運良くすんなり行けました。それでも30分くらいはかかりました。

バスはホテルの目の前に停まるので便利です。ユネッサンに直接行かれるかたはユネッサンにも停留所があります。
IMG_1428IMG_1429

我が家はまずチェックイン手続きだけすませ、水着ゾーンチケットを受け取ってからユネッサンへ。ユネッサンへは巡回バスもありますが、歩いても2分くらいです。
こちらがユネッサンへの道です。
IMG_1432

・・・・・・・・・・箱根ですし、ユネッサンを別に、これといって書くこともないのですが(汗)、続きます。

0