Home / 旅行記 / 沖縄 / 2013夏沖縄子連れ旅行記 / 2013夏 沖縄格安旅行:奥武島(おうじま)

2013夏 沖縄格安旅行:奥武島(おうじま)

さて、ハナシロビーチでの磯遊びのあとは、そのまま車で早めの夕食に向かいます。

近年、沖縄の南部のロケーションカフェがメディアに登場することが多くなりましたよね。
私も沖縄のガイドブックを熟読した結果、南城市の浜辺の茶屋、Cafeやぶさち、森のテラス、Cafeくるくま、のいずれかには行ってみたいな~と思っていました。

その中では新原ビーチの近くにある「浜辺の茶屋」が近かったので、そこを目指すことにしました。
途中、奥武島(おうじま)という島の入り口を通るのですが、「そういえば奥武島はてんぷらで有名と書いてあったな~」と思いだし、どんなふうに有名なのか、とりあえず、寄ってみることにしました。


大きな地図で見る

島へは、橋がかかっていて、わたることができます。
そして、橋を渡ると、どんなふうに有名なのかは一目瞭然でした。

(参考)奥武島入り口のストリートビュー

大きな地図で見る

私たちがついたときには行列があり、10人くらいのお客さんが並んでいたのですが、せっかくだからということで、私も並びました。雨もふっていましたので、パパと子供達は車の中で待機です。
IMGP0840IMGP0839

10人くらいだったらすぐかしら?と思いきや、けっこう皆様いろいろ注文されていて、時間がかかり・・・・30分くらい経過し待つのに飽きた3名が車から降りてきたときに順番がまわってきました。
メニュー表をみて、めいめいが食べたいものを注文したため、気が付いたら、もずく×4、ちくわ×4、ソーセージ×2、かにかま×2、あげぱん、イモ、サータアンダギーなど、頼みすぎのような・・・。

1個65円という値段が、私を隙を与えてしまったのですが、いただいた袋のずっしりとした重さに、いやな予感が。

名物のもずくのてんぷらはさっくりとしたものではなく、もっちりした練り物風です。
外のベンチでいただいたのですが、予感的中。不覚にも、全員満腹になってしまいました・・・・・。
とても食べ応えがあり、おいしかったです。

ホテルに戻ってプールにはいりたい子供達と、部屋でだらだらしたい海パパ、「もうホテルに帰ろうよ」コールによって、ロケCafeでの台風近づく荒れる海をみながらの素敵な食事計画は消えてしまったのでした。

というわけで、そのまま引き返し、ホテルの近くのコンビニ、ココストアにて、そうはいっても夜おなかがすいたときのためのサンドイッチやアイスなどを購入して帰りました。
我が家の旅行はいつも食事が適当で、ご参考にならず申し訳ありません。
てんぷらはとてもおいしかったですが、量に要注意です。

IMGP0846IMGP0849

IMGP0856IMGP0857

ココストアでヒットだったのはこのマンゴーアイス300円です。
沖縄の有名なぜんざいやさんの富士屋さんの商品とのことで、マンゴーとあずきがしっかりはいっていておいしかったです。

IMGP0859IMGP0860

4 comments

  1. うぅぅ〜涙
    浜辺の茶屋行けなかったのですねぇ〜。残念。

    ここは、本当に素敵すぎる場所で最高なんですよね。
    お隣には、宮本亜門さんのお家もあるくらいの
    絶景ポイントで。
    亜門さんはここの絶景に惚れて建てたらしいので。

    是非とも海ママさんにも行ってもらって、絶景癒しポイントで
    海見ながらお茶タイムしてもらいたかったです。
    私もここの空間に心打たれ、もうずいぶん昔ですが沖縄移住したので。
    今はもう観光客でごった返してますが。
    朝イチ!オープンすぐ!満潮時!のいずれかをオススメします。

    なかもとの天ぷら美味しいですよね!
    さかなとイカが絶品ですよ〜
    もずくのモチモチ感にもはまりますが。

    • がーんっっっ・・・・・・・・そんな素敵なところだったんですね!!!!
      そしてガイドブックに書いてあった「風景に感動した有名な演出家」とは宮本亜門さんなんですね。
      美意識にこだわりのあるプロの方が惚れるような風景・・・見たかったです(涙)
      またいつか沖縄に行くときの楽しみが増えたと思うようにします・・・・。

      そしてそして、りんごさん「沖縄移住」されたんですか!!!???
      すばらしい行動力ですね!!!!!!
      私も昔短期留学して以来、ずっと「いつかまたバンクーバーに住みたい」と思っていたのですが、「いつか住みたい」のいつかって全然こなかったんですよ。
      行動しないとだめなんですよね~。
      大前研一さんだったか、人生を変えるには「時間配分を変える。 住む場所を変える。 つきあう人を変える。この3つしかない」っていわれてましたが、住む場所って大きいですよね!
      りんごさんすごいです!尊敬します。なんだか元気がわいてきましたよ!

      「さかな」は売り切れだったんですよ~。
      次は、なかもとでさかなのてんぷらだけを食べてから浜辺の茶屋へいきます(笑)。
      コメントありがとうございます!

  2. いや、全然ですよ。海ママさん。
    確かに沖縄移住は自分にとって大きな決断だったのですが、
    結局結婚を機に沖縄を離れてしまう結果に。

    意味ない!
    全くもって意味ない!

    あの当時の自分に言ってやりたいですよ!
    やめとけって!!
    とは言え、そうなると我が子にも会えなかったんだと思うと
    それはそれで悲しいので、来世では絶対結婚はよく考え、
    のんびりさんからはおさらばしたいと思います。笑

    バンクーバー1度しか行った事ないのですが
    素敵なとこですよね。
    夜景に感動しました。
    でも、海ママさん!
    またバンクーバー行ってくださいね。
    移住はともかく、子育て落ち着いたら。
    でも、旅行でお子さん達に自分が感動した景色や思い出の場所を見せるってのも
    いいですね〜。でもカナダは金額が結構かかるのでねぇ。。。うん。
    でも、私も諦めてませんよ!沖縄!
    老後と言わず、本来ならもう少し若くで行きたいとこですが
    旦那の仕事があるし、子供に手がかからないようになったらまた
    再度挑戦したいと思ってます。
    移住は難しくてもロングステイから!
    夢はどんだけみてもタダですもんね!笑

    って事で、海ママさん同様、常日頃旅行の妄想で生きてます。笑
    いや、そのおかげで生きれてます!!

    • そんなことがあったんですね!
      でも、一人で沖縄移住を実行に移せる行動力があれば、なんでもできそうですよね!

      人生、その場その場でいろいろ選択がありますよね~。特に女性は選択の幅広めですよね~。
      わたくしも様々な選択をしてまいりましたが、大きな選択に関しては、後になって考えてみますと、だいたいにおいて間違えてきました!(涙)
      ・・・・安易な方向を選択してしまいがちな点がいけないんだと思うんですけどね・・・。

      でもまあ、神様はそんなわたくしにも妄想の翼をお与えになったので、妄想の世界では、ビーチフロントの素敵なホテルで素敵な人とゆったりくつろぐ美女・・・という、自分の姿まで変えられますから!!

      バンクーバーは私が滞在していた頃から異常に物価が上昇していて、1億円でも小さな家しか買えないらしいんですよね。まあ、1億円ないんで、悩む余地がないんですけどね。
      でも、留学後、2回ほど一人でバンクーバーに遊びに行ったことがあるのですが、妙に寂しかったんですよ。「私何してるんだろう・・・」とか思いましたね。
      それと比べると今、家族と旅行できるのってうれしいな~と。

      でも!今一人で旅行に行けるとしたら、全然寂しくないです。すごく楽しいと思います・・・・・・。

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!