Home / 旅行記 / タイ / 2012夏プーケット子連れ旅行記 / 子連れでプーケット・3日目・JWマリオットプーケットキッズクラブ

子連れでプーケット・3日目・JWマリオットプーケットキッズクラブ

敷地内をうろうろしていたものの暑さに負け、早々にキッズクラブへ向かいました。
こちらのキッズクラブには滞在中何度もお世話になりました。

ちょうど、直後に始まるキッズアクティビティプログラムに空きがあったので、予約し、参加することになりました。サイエンスのプログラムです。
(他にもいろいろ参加したので、他の日の旅行記のほうに掲載したいと思います)

子供だけで預けることができるのですが、人見知りをする次男のことが心配で何度か様子を見に行きました。
二人とも緊張しつつも問題なさそうだったので、私はホテル内のショップなどをぶらぶらして(といっても2つしかないんですけど)、自由を満喫しました。

ウェストサンズでもホリデイインでも日本人の方に全然遭遇しなかったのですが、JWマリオットは日本人の家族連れのお客様がとても多いように感じました。
お盆に近づくにつれ、ますます増加し、キッズプログラムでも必ず日本人キッズが一緒でした。

考えさせられたのが、中国や韓国からと思われるファミリーも日本人以上に多く、キッズプログラムなどでご一緒する機会も多かったのですが、親御さんのみならずお子さんも完璧に英語を話せる率がとても高い&自己アピールも上手にできるように思いました。

その点、わが子たちは、超もじもじくん。やりたくても・・・言えない・・・(涙)。でもまあそんなことお構いなしに、毎日のようにキッズクラブにほうりこんでいたら、最後のほうには知っている単語を駆使して主張してましたけど(笑)。特に次男。幼児のほうが順応性が高いのでしょうかねーー。自分のものを隣の子にとられた時、「イッツマイン!」と主張していたのにはびっくり。教えてないので、たぶん他の子が使っていたのを真似したんだと思います。

ま、そんな英語も帰国して、あっという間に忘れました・・・・・・(涙)。親の問題ですかね?もっと危機感をもって英語にとりくまねばと今書いていて思いました。思っただけですけど。

☆Children’s Pavilion

ここは、小さな子供むけなのですが、この隣には、ティーン向けのビリヤードやゲームなどができる部屋が別途ありました。

☆幼児向けの木製おもちゃやパズルなどもいろいろありました。

☆室内のちょっとした滑り台

☆サイエンスプログラムで使われた材料。
・このほかに、屋外でコーラのペットボトルを砂に埋め、コーラが噴水のように噴出すダイナミックな実験などもあり、楽しそうでした。

☆有料のアクティビティのバティック染付けを乾かしているところ。

☆ひとつだけあるブティック。
何もかもがホテルプライスでした。

0

4 comments

  1. 私もそう思います~
    中国、韓国の家族は英語上手ですよね~

    海外旅行に行くお家は教育レベルが高いのかしら?

    韓国人のアーティストにしても、日本語はたどたどしいけど、英語になると「ネイティブか!?」と思うくらいペラペラ。

    どんな学習方法なんでしょうかね?

    私もハワイに行く前に耳を慣らそうと、ハリーポッターのオーディオブック(よく考えたらイギリス英語だけど・・)を買ったんです~
    行く前は聞いてたけど、今は・・・

    • たしか韓国でも中国でも義務教育で英語が必須だったような気がします。
      でも幼児でもぺらぺらでした。
      日本で「まずは美しい日本語から」とかちんたらしているうちに、すっごい差がついてるってことを目の当たりにして、まずい・・・って思いました。
      次の旅行までに頑張ります。でも次の旅行の予定がないんですけどね(涙)。

  2. 初めてコメントさしあげます。
    ウチも来週からプーケットに旅行に行きますが、(5歳の子連れ)当初の予定は海ママさんとそっくりでウエストサンズとホリディインとJWマリオットでした。(2週間の旅です)・・が、ウエストサンズの評判の悪さに恐れをなして、再度予定を組みなおしました。

    そういばウチも娘はモジモジ子なところがあって、私や主人をみて育ってるから仕方ないのかなー、なんて思います。主人は英語はペラペラですが、基本無口で、日本人相手でもモジモジ男なので。。。

    私もいつも旅行の事ばかり考える旅好きママなので続きを楽しみにしていますね!

    • コメントありがとうございます!
      これからご旅行なんていいですね~!!。私も今すぐにでも戻りたいです。
      ウェストサンズはある意味評判どおりでしたが、たまにいい評価の方もいらっしゃるので、運や感じ方の違いもきっとありますよね。
      日本人の子供たちって、全体的によく言えば「謙虚」な印象だったんですよね~。他国の子は「自分を中心に世界を回してやるぜ!」くらいの勢いだったので、日本人の感覚だとうっとうしい元気よすぎな感じでしたが、これから彼らと競争していくのだと思うと、もっと頑張れと思いました(笑)。
      どうぞお気をつけて、すばらしいご旅行になりますように!

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!