Home / 旅行記 / 北陸(新潟・富山・金沢) / 北陸3泊4日子連れ旅行記/ヒスイ海岸

北陸3泊4日子連れ旅行記/ヒスイ海岸

糸魚川から「日本海ひすいライン」に乗り、途中富山に入って「あいの風とやま鉄道」へと路線名が変わり、25分ほどで、越中宮崎駅に到着しました。

無人駅です。もちろん、駅前にコンビニ等はございません。というか人影もございません。

事前にネットで調べた情報によりますと、「夏場は海水浴客で大にぎわい♪」というお話だったのですが、もう夕方だったためなのか、乗降客も私たち以外にはいませんでした。8月に入れば賑わっているのかもしれませんね。

越中宮崎駅は駅の目の前にヒスイ海岸(宮崎・境海岸)が広がるという、石好きにとってはたまらない立地です!

糸魚川にも”ヒスイ海岸”はあるようなのですが、駅からそれなりに歩くのと、近くに宿を見つけることができなかったためどうしようかと思っていたところ、おとなりの富山のヒスイ海岸のある越中宮崎に、駅から1分海岸目の前のお宿があるのを見つけて予約しました。

宿に荷物を置かせていただき、ゆっくりする間も無くヒスイ海岸へ!

石の海岸です。

ヒスイ拾いの何が難しいって、そもそもどれがヒスイかわからないということではないでしょうか・・・。

フォッサマグナミュージアムの記憶を頼りに石を拾います。
どの石も魅力的〜〜。水も綺麗です。ただ、石の海岸なので少々歩きにくいですね。

日が沈むギリギリまで海岸にいて、ヒスイかもしれない石とともに部屋に戻って来ました。

本日のお宿は、ヒスイ海岸目の前のかなり昭和な感じのお宿でした。

こちらの旅館のいいところは、
1に立地。
2に宿の方のお人柄。
3にお食事(朝食しかいただいていないのでわからないのですが)

以上。
以上でございます!

1泊朝食付き大人1人子ども1人で楽天から約13,000円でした。

こちらのお宿、楽天やトリップアドバイザーなどの口コミ評価はみなさん五つ星で非常に良いのですが、おそらく宿の方とのコミュニケーションがなかったと思われる外国人の方がgoogle等で主に設備面を理由に評価星1つというのがわからなくもないです・・・。おそらく、リピートされているお客さんの多くは「田舎に帰る」というような感覚なのかもしれません。

宿泊したのは4階なのですが、エレベーターはなく階段のみです。
一階の窓や入り口が開け放たれているオープンエアー仕様で、虫だけでなく鳥までもが室内を通り抜けていくのを目にして固まる次男・・・。
南国のホテルなどもそういうオープンエア仕様は多いですが、少し違うんですよね・・・。

トイレバス共用なのですが、トイレがこれがまた昭和で、次男は怖かったらしいです。
私たちが宿泊したお部屋にはクーラーがあるのですが、効きが弱いのか、普段24時間冷房つけっぱなしの生活のため我々の感覚がおかしくなっているのか、暑くてなかなか寝付けないので喉が乾きます。

一階の自販機へ飲料を買いに行くのを毎回次男とじゃんけん3回勝負で決めていたのですが、夜に負けて買いに行った次男が、息を切らせながら戻ってきて「暗闇の中に猫がいて黄色い目でじっと見張ってて怖い!」と・・・。
・・・猫、可愛いかったです。

お風呂は男女別の家族風呂サイズで、24時間好きな時に入れて、日本海が見えます。
でもなぜか窓がオープンなために、どうしても脱衣所や室内に虫が入って来てしまい、私は虫の存在が気になってしまって・・・。

かつてはキャンパーで、怪しい安宿もどんとこい!だったのに、いまや虫ごときが気になるような体たらくぶりです・・・。

でも立地は抜群。駅から1分でかつヒスイ海岸が目の前です!まさにオーシャンビュー!

日が沈むまでヒスイを探し、夜明けとともにヒスイをさがす、そんな一攫千金狙いの休日を過ごされたい方にはぴったりと言えましょう!

そして何よりも、宿の方がとても親切です。

その晩、我々母子に親切にヒスイについてのレクチャーを丁寧にしてくださいました。
ちなみに、その日我々が日が沈むまで探した石はすべてヒスイでもめのうでもないことが判明・・・。

宿の方にお教えいただいたヒスイの見分け方のポイントはこちらです
・重い
・丸くはなくいびつな形をしている(ヒスイは硬いので丸くない)
・冷たくすべすべしている
・乾いてもつやがある
・緑ではなく白いものが多い
・光ですかした時に、光が中にこもらない。

明日は、絶対にヒスイを拾うと心に誓いました。

そして翌朝6時。
外はあいにくの大雨です・・・。
でも雨なんてなんのその!水着に着替えて出発です。

ああ、海岸が目の前ってなんて素敵なんでしょう。

大雨の中、朝っぱらから石を拾ってる人なんているわけないと思いきや、他にもお二人(男性)いらっしゃいました。
変わってますよね〜。

次男は「え〜雨降ってるし、部屋でテレビを見ていたい・・・」と言っていたのですが、「水着なら、プールで泳いでいるのと同じ。むしろ大雨の方がシャワーみたいで楽しいよね?」という母の説得にしぶしぶついてきてくれました。

そして1時間。私は楽しくっていくらでも探していられる気分だったのですが、「ママ、雨で目が見えないし、もう、いいかげんにして!(怒)」と次男が訴えるので、渋々引き上げました

しかし!次男、かろうじて、ちっちゃいヒスイを拾いました。この写真の一番右の黒っぽいものです。

宿の方に見ていただいたところ、”ここらへんではそれをヒスイとは言わず、ネフライトと分けているものの、世界的にはヒスイ”ということで、微妙にヒスイだそうです。ライトで照らすと透過します。

それでも嬉しい!宿の方も「子供は先入観がないので意外と見つけやすい」とおっしゃっていました。
やる気に満ち溢れた私ではなく、さしてやる気も興味もない次男がさくっと見つけるという・・・まあいいです。

大満足で部屋に戻り、着替えて食堂にて朝食をいただきました。

当初、せっかく富山に来たこともあり、その日は黒部ダムの方に行こうかと思っていたのですが、大雨につき市内観光に予定を変更。チェックアウトして富山市へ向かいます。

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!