Home / 旅行記 / 函館 / 子連れ函館旅行へGO:五稜郭で歳三に会う

子連れ函館旅行へGO:五稜郭で歳三に会う

函館空港到着

IMGP6334

爽やかな北海道の風を勝手に想像していたのですが、普通に暑かったです。

函館はある程度都会なので「北の大地」感がないです。次男は初北海道なのでやはりオホーツク紋別とか女満別あたりのこれぞ北海道的な場所にするべきだった?とちらっと思いました。

函館空港からバス(右回り)で本日宿泊予定の五稜郭にあるホテルに向かいます。
空港の案内で「右回り」でと教えていただいたので、五稜郭(右回り)のバスに乗車しました。

IMGP6336

・・・空港から五稜郭へと向かう車窓からの風景が寂れているように見えたのは気のせいでしょうか・・・・。バス通りのお店の半分以上が閉店していたり、廃屋のまま残されていたり・・・。たまに出現する立派な建物は病院・・。
・・・日本(の一部)って今こんな状況なのか・・・とやや愕然としました。

函館・・人口26万人。札幌、旭川に続く北海道第三の人口を誇る都市ですが・・・・ちょっと・・・大丈夫?

本日宿泊するのは五稜郭にあるリーズナブルなビジネスホテルです。ホテルに荷物を置いて徒歩で五稜郭に向かいました。徒歩で10分程度でしたが、ポケモンを捕まえなからでしたので倍程度の時間がかかりました。

雪国ならではの縦型信号機。

IMGP6340

五稜郭に到着

五稜郭タワーに登る料金は大人840円,小学生420円。

IMGP6342IMGP6343

「五稜郭すごい!見たことのないポケモンがいる!」
・・・ポケモンの事しか頭にない次男・・このままでは本当に函館旅行がポケモンで終わってしまうという危機感から、ガイドツアーをお願いしました。1人200円追加です。

IMGP6344IMGP6347

他には誰もお願いしていないようで、2名400円で綺麗なお姉さんを独占です。
五稜郭の歴史、ペリー来航、幕末の戦いについてなど、タワーの展示について説明していただきます。

IMGP6349 IMGP6353 IMGP6355 IMGP6359

タワーから見る五稜郭と函館の街並みは圧巻でした。でも次男の目から見えている五稜郭はこちら。

IMG_1876

でもさすが、ガイドの方のお話はわかりやすく勉強になりました!
次男の記憶にも残っているのでしょうか・・・・・。

土方歳三(ひじかたとしぞう)。サディスティックなイケメンということで人気があるようです。結構、なんだかんだいってこういう男性に女性は惹かれがちなんですよね。鬼の副長。カリスマ性があったんでしょうね~。「厳しい人だけれど私に見せる姿だけは優しいの・・・」みたいな・・・・?まあ、厳しいというかおきて破りは切腹させまくりで新選組隊士の死亡原因第1位は切腹らしいですよ。これもどうかと思いますよね。

IMGP6375IMGP6394

タワーでメロンソフトクリームをいただいたのですが、エレベーターを降りてきたところに、ミルキッシモという函館のジェラートやさんがあり、こっちもよかったな~!と思いました。

IMGP6386IMGP6391

タワーを降りて、五稜郭公園へ。箱館奉行所がありますが、見学しませんでした・・・。

IMGP6400IMGP6407

ボート遊びもできます。公園はきれいに整備されていて、緑濃く気持ちがいいです。カモメの姿もちらほら。
「カモメいるよ」
「ふーん」
「ポケモンきたよ」
「え!!貸して貸して!」・・・テンション全然違います・・・・。

東京も外国人観光客の方が多いですが、こちら五稜郭もお客さんの8割以上がアジア系の外国人でした。中国(団体)、韓国、台湾(友達同士多し)の方が本当に多かったです。新幹線の開通でもう少し日本人も多いのかしら?と思ったのですが、それほど見かけませんでした。

IMGP6403IMGP6409

五稜郭前のポケストップには高校生男子達が溜まってポケモンGOをしていました・・・・・。ああ男子って・・・・・。

IMGP6411

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!