三浦半島で子供と魚釣り:計画

今年の夏の沖縄旅行で目標の一つだったのですが、天候不良もありできなかったことがあります。それは魚釣りです。

中国の有名なことわざで、「1時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。3日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。8日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい」というのがあるじゃないですか。

ここのところ、いやここ数年、日々の生活の中に幸せを見出すことができないらしいパパに永遠の幸せを!なんて良妻なんでしょう
(※このブログの当初のコンセプトとしては、「素敵奥様の素敵子供との素敵ライフ的なものをちらつかせたアフィリエイト」を目指していたはずなので、やや軌道修正をはかろうかと・・・。)

海パパは「一度くらい自分で釣った魚を食べてみたい。まあ一度でいいけど。」などと、やる気があるんだかないんだかわかりませんが、子供達は今までルネッサンスやプーケットのホテルなどのアクティビティでしたことがあり、とても楽しかったので、楽しみにしていたのです。

そこで、近場でできないものかな~ということで、調べてみました。

おしゃれなママ友には「釣りならざうおがいいよ!」とか教えていただいたのですが、これって・・・すごい楽しそうだし、これでいいんじゃない?たぶんパパもこれがいいって言いそう・・・と一瞬思ってしまいましたが、でもでも・・少し目指しているものとは方向性が違うような・・・。

そこで、「東京 初心者 釣り」などで、ネットで調べてみたところ、近くには若洲海浜公園に海釣り施設があることがわかりました。

でも、持ち物や時間や本当につれるものなのか、釣った魚はどうするのかなど、皆目わかりません。

そこで、「週末はパパの釣った魚が食卓にのぼる」という釣り好きパパをもつママ友にメールしてみたのですが、「サビキでいいの?」とかいう返信が、最初っから何をおっしゃっているのかすらわかりませんでしたが、どうも初心者には「本牧海釣り施設」や「大黒海釣り施設」もしくは川崎の「東扇島西公園」あたりが良いとのこと。

海釣り施設だとさおのレンタルやえさの販売などもあり手ぶらでいけるそうなのですが、しかーし、それらの海釣り施設には「駐車場開場が5時で営業開始が6時くらいなんだけど、休日は5時にはついてないとダメ。6時に行ってもはいれないよ」とのことです。

そんなの海パパにできるわけもなく、案の定「そこまでして釣りしなくてもいいや。しかもそこらへんて基本工場地帯じゃない?魚なんて・・・食べれるの?」とのこと・・・。そんなこと言っていたら永遠の幸せなんて手に入りませんよ!
そもそも「魚もそれほど馬鹿じゃない」ですから、基本、「釣れない」ってことを前提に計画しなければね。

ということで、とりあえずやる気があるうちに、早速さおなどを入手してみました。

IMG_0276 IMG_0275

さおは、楽天のこちらのお店がとってもリーズナブルだったので、子供2人用に長いものと短いものを2本購入。仕掛けは、何がなんだかさっぱりわからないので、適当にいくつか購入してみました。
本当はこの連休を予定していたのですが、台風到来により計画変更です。そのまま流れる可能性もありそうなので、とりあえず計画編だけアップしてみました。

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!