Home / 旅行記 / 沖縄 / 2011夏沖縄子連れ旅行記 / 台風の沖縄子連れ旅行〜かりゆしビーチ(2011夏/1日目)

台風の沖縄子連れ旅行〜かりゆしビーチ(2011夏/1日目)

部屋で早速着替え、オーシャンタワーの1階から出ているバスでビーチへ。

ビーチはマリオットやEXESと共通のビーチで、宿泊者以外はゲスト料金が必要だったように思います。駐車場もあります。
ビーチのたてものにローソンがあるのがとっても便利。ここで昼食なども購入できます。ホテルランク的に庶民的なものを感じる点でもありますが。また、ローソンの中に浮き輪を膨らませる機械があって、無料で使えます。たいしたことではないのですが、我が家の浮き輪は大きいので、この機械があるのかな~というのを若干心配していたのですが、大丈夫でした。
一方いまいちだと思うことのひとつに、「ビーチタオルが有料らしかった」ということがあります。高級ホテルのタオル使いたい放題サービスなどを期待してはいけません。

今回近ツリのツアーで事前に申し込むことができた”マリンパス”を購入していきました。ビーチチェアやパラソルを含めいろいろなアクティビティがいちいち有料なのですが、けちな私が現地でケチケチしないための対策です。(私の特徴として、一度払ってしまったお金のことは忘れやすいというのがあるので)。
でも実際行ってみて、ビーチサイドのプールのチェアなどは無料で使えるし何より、台風来てるし!、もとは取れませんでした・・・。だいたい、子連れでビーチチェアでのんびりゆっくり読書・・みたいな時間を妄想してはいけませんでしたね・・・。何を血迷っていたのでしょうか・・。

それでもとりあえずマリンパスを使って、ビーチチェアとパラソルを借りて、ビーチへ。あれ?これ以上いってはいけませんというロープの前にビーチなんてない!・・・そうなんです。このビーチ、干潮だと思いっきり海がなくなります。でも、そのときは”第二ビーチ”というところが開放されて、そこは岩場もあって、魚もいっぱい。水もきれいです。ルネッサンスや谷茶ベイよりもきれいだったような気がします。

ただ、干潮でなければ、このビーチは開放されません。また、シュノーケリングは禁止。シュノーケリングゴーグルをしているだけで注意されます。もちろん普通のゴーグルはいいので、普通のゴーグルで魚をいっぱい見ました。次男はまだ顔を水につけられないので、箱めがねが大活躍しました。

しばし遊んだあと、せっかくなのでマリンパスを利用してグラスボートにものりました。このグラスボートはルネッサンスのグラスボートよりも楽しかったです。魚の種類も豊富で、くまのみをみることもできました。でも・・・・このグラスボート・・・魚のえさである”おふ”を買うことができて、それをまくと「池の鯉か!」っていうほど魚が集まってきてこどもたちも大喜びなのですが、魚もそれをわかっているのか、このグラスボート近辺に魚が集中。完全に餌付けされている・・・。遊泳区域とグラスボートやカヤックなどのアクティビティ区域は分かれているのですが、そのせいなのかアクティビティ区域にはグラスボートの周り以外魚がいませんっ!

生態系的にどうなの?と思うところではありますが、ま、そんなものよね。


かりゆしビーチ

ビーチから見える素敵なブセナテラスビュー・・・。いろんな意味で遠くに感じる・・・・。

アクティビティのできる側のビーチ(遊泳不可)

これもかりゆしビーチ。

写真でみるとけっこうきれいに見えますね。

ビーチの脇のプール。子供用の浅いエリアもあります。

桟橋。ここからグラスボートに乗れます。

0

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!