自然ビーチから戻ったところで、むら咲むらのなかにバナナ・蝶園があるというので寄ってみることにしました。

・・・・・・・・・・・・・・たしかに世界各国のバナナの木があり、蝶園にはオオゴマダラ蝶が舞っていました。しかしながら、全体的にやる気はなさそうで、「見たいんだったら見てもいいよ」という雰囲気です。

息子たちは「オッパイバナナ」という名前のバナナに大うけしておりまして、笑いのレベルのあまりの低さに思わず涙がでそうでしたが、その父親も「形かな?」などと笑っていたので、血は争えないなと・・・少しばかり絶望しました。でも、「本当にそんな名前なんですか!」と伺いたかったですけどね。植物の名前ってそんなノリでつけていいものなのでしょうか。

IMGP1253IMGP1256IMGP1259IMGP1262

バナナ・蝶園で、自然観察をした後は、ゆるゆるとむらの中をあるいて、謝名亭へ向かいます。
途中の武道練習場のような建物も、いい雰囲気です。
IMGP1271 IMGP1274

謝名亭は琉球古民家を再現した建物で、観光客がイメージしそうな”古きよき沖縄”感があります。朝食会場でもあるのですが、ランチや夕食もいただけます。
夕食時は、予約制で沖縄芸能などが楽しめるコースがあるのですが、その会場とは別の場所で、通常の定食などもいただけました。

IMGP1286

人気No.1の謝名定食とNo.2の沖縄ごはんです。
IMGP1315IMGP1312

長男はタコライス。次男はみんなのとりわけで十分なボリュームでした。デザートも充実していました。
IMGP1318IMGP1298

ゆったりとしたお座敷で、少しぐらい子供がゴロゴロしても大丈夫です。
琉球王国の大臣の家を再現したとのことでしたが、大臣の家でゴロゴロできるなんてなかなかできない体験です。子供のお行儀を気にしなくてもいいだけで、とてもリラックスできますよね~。
IMGP1292

ゆったりお夕食を頂いた後で、よむたん自然学校でまた遊んでから部屋に戻り、ドゴールの湯という銭湯に行きました。

今日はママと入りたい!と主張する次男に、「男の子は男風呂にしかはいれません!」とはねつけるも譲らず・・・パパが「ママ、子供とお風呂入れるのも今のうちだよ~」とかおっしゃるのですが、お言葉ですが、ママはもう十分子供とお風呂はいってますんで!子育てにおける「子供と一緒にお風呂はいれる喜び」はもうかなり満喫してますから。
こういうときに「たまにはママをゆっくりさせてあげようよ」とかいう言葉がさらっと出てこない男、それが海パパ。そういうところがね!(略)。。

結局、子供と一緒に入ることになり、「熱いからやだ!」とか言われて1分くらいしかお湯につかることもできず、かえって疲れた入浴でした・・・。
銭湯の中にはちょっとした売店もあります。隣にはコインランドリーもあって、便利です。

子供達を敷地内でのびのび走り回らせ、そのまま銭湯にはいって、部屋に戻り、寝る・・・ということがあまり移動の負担なくできるところも、子連れにはなかなか快適でした。

IMGP1231IMGP1234

0