Home / 旅を夢見る、子どもとの暮らし / 旅を夢見る日常 / 自粛ライフ:バンコクのスライダー付き大規模プールを発見

自粛ライフ:バンコクのスライダー付き大規模プールを発見

相変わらずの自粛生活ですが、だらけきっているのは子供たちだけでなく私もです。
更年期障害が悪化しているのか、コロナ鬱の入り口なのか、最近”やる気”というものが著しく低下しております。

家にこもっているこの機会を活かして、「今こそ不要物をメルカリに売ろう!」と考えていたのですが、”誰でも簡単にできる”はずのメルカリですら面倒に感じてしまい、梱包資材として捨てずにとっておいたアマゾンのダンボールだけが部屋を圧迫していく始末です。

今週めずらしく「やろう!」と思い予定表に記入していたものに、前回の投稿のコメントでmisonoさんが教えてくださったairbnbのオンラインツアー(https://www.airbnb.jp/s/experiences/online)があるのですが、参加したいツアーをピックアップはしているものの、英語でのコミュニケーションを億劫に感じてしまい未だ申し込めていません(すごく楽しそうですので皆様ぜひ・・・)。

そんな中、同じく前回の投稿のコメントでoluoluさんから、”子供にゲーム廃人になった親の姿を見せることで危機感をもたせる”というようなアドバイスをいただいたのですが、ここまで気力が低下している私でも、廃人になるくらいならできるかもしれない!と、早速実践してみました。

彼らと同じゲームをいくつかダウンロードしてプレイしてみたのですが、そもそも、殺戮系が苦手であり、ゲームのルールが理解できなかったり、反射神経が悪かったりして、ゲームをすることが苦痛!!

でも、彼らのレベルに近づくために課金をしまくって彼らの持っていないアイテムを入手してみたり、彼らにしつこくフレンド申請をするという嫌がらせにも挑戦してみました。

さらに途中「あーー脳が破壊されていくーーー」等、奇声を発するなど、精神が崩壊していく様を演じてもみました(あながち演技でもない・・・)。

しかしながら、2日目にしてゲームをすることが苦しくなりすぎたため、彼らがそばにいる間はゲーム、彼らがいなくなると即座にゲームをやめて違うことをするという、彼らが普段とっている行動とは真逆の行動にいそしむこと丸2日、流石に彼らも狂っていく母の姿に何か感じるところがあったようで、溜まっていた学校の課題などに取り組み始めたので、いまのところかなり効果があった模様です。

oluoluさんありがとうございます!

ゲームにはまっているふりをしている最中、AMAZONプライムビデオ鑑賞や、YOUTUBE動画でお茶を濁していたのですが、あまりに疲れてくると、”ストーリーのある動画のストーリーを追えなくなってくる”という末期的症状が出てまいりました。

そんな中、後半ぼんやり見ていたのがこちらのAmusementForceというチャンネルの世界各国のウォーターパーク体験の様子をただただうつしているという動画です(特におすすめとかではありません)。

こちらの2年前のシンガポールの”Wild Wild Wet Waterpark”の動画などは2億回以上再生されているようなのですが、正直なところ、特に面白いわけでもなく、映像が洗練されているわけでもなく、ウォータースライダーを楽しんでいるだけの動画なので、こんな動画を見てしまう疲れた暇人が結構いるものなのですね・・・という印象ではあります。私ですが。

もともと、実は今年の夏の旅行先としてドバイのAtlantisを目論んでいたため、せめてもの夢のなごりとしてのAtlantis動画を探してたどり着いたチャンネルだったのですが、ここで思わぬ発見がありました。

それがこちらです。バンコクにある”Pororo Aqua Park”というウォーターパークの紹介動画です。

バンコクにこんなウォーターパークがあるなんて!

バンコクのホテルってプールがあるところは多いですが、アミューズメント系のプールがあるホテルは限られていますし、せいぜい小さめのスライダーくらいですよね。

場所は、バンナーのセントラルプラザにあり、中心地からは離れているのですが、googlemapが正しいとすれば、エラワンからもタクシーで15分程度なので、中心部ホテル宿泊でも行けそうですよね。

アミューズメントプールを楽しみたい、リゾートを楽しみたい!という場合は、そもそも旅行先としてバンコクを選ばないとは思うのですが、お子さん連れでバンコク旅行に行かれる場合、一日くらいこういうアミューズメントをはさむと満足度があがるのではないかなと思いました。

・・・まあ、我が家の息子達が親と旅行してくれるのもあと1,2年・・・、その間に彼らとあえてのバンコクを訪れることはなさそうですが・・・万が一、機会があるとしたら、さすがにもう子供たちだけで遊べるので息子二人をここに置いて、私はセントラルプラザで買い物をすればいいのでは?・・・などと妄想が止まりません。

なんなら私も滑りたい。

でも、もうウォータースライダーを息子達をだしにして一緒に楽しめる時期は過ぎてしまったような・・・それにあれって、年齢制限の上限とかあるのでしょうかね・・・。

もしかして利用制限の”妊娠中”はないとしても”高血圧”とかにひっかかってくる日も近い・・・?

ああ、それよりも、今現在の体重増加が一線を超えてきました。それをまずどうにかしないとそもそも水着になれませんでしたね・・・。

コロナの具合はだいぶ落ち着いて来ていますが、東京の学校再開・・・いつ頃でしょうか。
すこしずつ生活を立て直していきたいものです。

11+

2 comments

  1. 私、前記事への返信の場所を間違えてましたね。すみません!

    記事に取り上げていただいて、ちょっと恥ずかし~
    ゲーム、殺戮系だったのですね……。私も苦手でして……(Googleのミニゲームとかは始めるとつい夢中になったりしちゃうのですが…)。あの系統のをやり続けるのはそれはストレスですよね。
    そうとは思わず安易にゲーム廃人すすめちゃって申し訳なかったです。多少でも効果あってほんと良かった~

    バンコクのウォーターパーク、こんな便利な場所にあるのですね~。知らなかった~
    ドバイの、ググッちゃいました。すっごいスケールのスライダーですね!コロナ終息後に滑ったら、めちゃスッキリしそうですね~

    • HappyTravel&LifewithKids

      いえいえ、私が見落としてしまっていただけです。失礼しました!!!

      勝手に言及してしまいすみません。
      そうなんですよ・・・もちろん、年齢制限、時間制限など、厳重にかけてはいたのですが、そういうことに関してだけは兄弟が協力しあい、どんな制限もハッカー並みの根気強さでくぐり抜けてきたんですよね〜。オンライン授業も、静かに受けているかと思いきや、パソコンのタブを切り替えてゲーム実況をみていたり・・・・。
      こちらが切れても逆ギレするし、毎日お互いのイライラをぶつけ合って雰囲気最悪だったのですが、私が彼らのゲームに近づき、親の存在しなかった彼らだけのゲーム世界の聖域を侵しつつ、すかさず課金しようとする狂った親の姿を見せることで、”山が動いた”感がありましたね〜。
      まだ彼らにも理性が残っていたことがわかってよかったです!やってみるものですね〜本当にありがとうございました。

      アトランティスに行ってみたかったんですよね〜。
      でも、アトランティスに行きたい一番の目的は息子たちとプールのアトラクションを楽しむことだったので、ドバイの夢は消えつつありますが、バンコクなら旅費的にもまだチャンスはありそう?!かなと、希望がもてました。

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!