Home / 子連れ旅行・お出かけ計画 / 子連れスポット / 遊園地・プレイスポット / 東京ドームシティアトラクションズ その①

東京ドームシティアトラクションズ その①

今日は父の日ですね。
次男の幼稚園は一風変わった幼稚園なので、”父の日”という行事に特段何の盛り上がりもありません。
普通「おとうさんの絵」とか描かせるものじゃないですか~。そういうの一切なし。
理由は「行事とか、みんなでこれを描きましょうとかいうことは子供にとって楽しくない」から。
世の中の風潮にまったく流されないこの姿勢。さすがセレブ園。
・・・・世の中は、流される必要のない一握りのマハラジャと、むしろ流されろ!空気読め!というその他大勢で成り立っているのよね・・・。

流されるべき階級に所属する私としては、昨日一応次男に「明日何の日か知ってる?」と聞いたところ、「?」という顔。
一応長男は父の日だとは知っている模様です。
「明日パパに何かしてあげるとかそういう予定はないの?」と聞いたところ、
「トランプで遊んであげるーーー!」「公園で遊んであげるー!」と母親に似て、なんて心優しい息子達なんでしょう!。
というわけで、最近身も心も疲れきっている海パパのために、思う存分家でごろごろさせてあげるという後ろ向きなプレゼントをするべく、子供たちを連れ出す私です。ええ、良妻賢母と呼んでくださって結構です。

しかし、午後から晴れるという予報ではあるものの、朝はぱらぱらと小雨が降る微妙な空模様。そこで、室内で遊べるアトラクションの多い、東京ドームシティに行ってみることにしました。

先日、その存在を知らなかったドコモポイントをつかってゲットしたJTBレジャーチケットをつかって。
(今思えば、ANAマイルにするべきだったです。(泣))

↓これ。全国のさまざまなレジャー施設で利用できるものなのですが、東京ドームシティの場合は”得10チケット”というものに変更でき、東京ドームシティの中のさまざまな施設で利用できます。3000ポイントは3,000円換算ですが、施設によってそれ以上の特典となります。

今回、2枚あったので、1枚10点分でを大人のパスポート(3,800円分)と変更し、もう一枚を6点分で長男のパスポート(2,000円分)、残り4点でマジクエストというアトラクションで使うワンド(1,000円分)を購入し、次男のパスポート1,200円分は現金で購入しました。
でも正直。大人のパスポートは私家には必要なかったです。5歳までは付き添いが必要なアトラクションばかりなので必要かな~と思って購入したのですが、土日は混雑していて、そんなに乗りません。得10チケットは1点分でアトラクション1つに使えるのですが、10も乗りませんでした。

さて、後楽園の駅に着くと、異常なまでの人ごみ&女子率の高さ。一体何なの?と思ったのですが、「嵐のワクワク学校」という何かがドームで開催されていたからでした。
東京ドーム近辺や、武道館近辺(科学技術館とか)に行くときは、開催されているイベントをチェックしたほうがいいかもしれません。

※右側に並んでいる人の列。

※お昼ごろの人ごみの様子。

 

パスポートを購入したものの、ディズニーランドと比べて、気分がまったく盛り上がらない感じがいいですね。
東京ドームシティは、パスポートを購入して気合をいれてアトラクションを周る型の施設ではなくて、横浜みなとみらいのコスモワールドのように、ふらっと行って、2つ3つ乗ればそれで満足型の遊園地だったように思います。

なにしろ、前回行ったのが、たしかまだ”後楽園遊園地”だったころです。子供たちとは、新しいアソボーノ!ではなくて、その前の”おもちゃ王国”には何度か行ったことがあるんですけどね。

 

はじめに行ったのは、”ザ・ダイブ”という、ディズニーシーの海底2万マイルと、ランドのバズのアトラクションを足して5くらいで割ったような独創性あふれる斬新なアトラクションです。とりあえず、子供たちは、「打って点数が出る」みたいなものは大好きなので、それなりに楽しかった模様。

次は、フリフリグランプリという3月16日からのアトラクションなのですが・・・。これは・・・・・・。なんだろう。点数とかもでるのですが、昔デパートの屋上にあったような昭和なゴーカートな感じが・・・・。

アトラクションを待ちながら、ふと前方右に目をやると・・・ディズニーランドにはありえない、違う意味での夢の国。最近カタカナが読めるようになった次男が「ワインって何?」といい質問をしてくれました。

(すみません。全然リゾート関係ないですが、続きます。おもしろかったですよ!東京ドームシティ。)

コメントをいただけると嬉しいです!

承認後に反映します。反映までしばらくお待ち下さい。※urlを入れていただく欄が不具合で非表示になっております。ブログやサイトをお持ちの方はよろしければリンクをご記入ください。

error: Content is protected !!