さて、不安定な精神状態の続く私です。

日本経済はこんなんですが、でもなぜか海外旅行に行く人は過去最高(JTB調べらしいのですが本当ですか?)らしく、格差社会への道をひたはしっている様子が伺える昨今ですね。

ま、この辺境ブログにGoogle先生にだまされてうっかり立ち寄ってしまわれた方は、「何、能天気なブログ書いてるんだこのニート!」って思われていらっしゃることと思いますが、それが匿名ブログのいいところなんですのよ~おほほ。実際の私は、もうすこし上品な感じの「お金のことはよくわからないんですのよ」的な雰囲気を漂わせているママかもしれません(嘘)。

ところで、長男誕生から8年あまり。

我が家の子連れの宿泊先として、最も宿泊数の長かった宿泊施設はどこだろうと考えてみたのですが・・・・・・・・・。
大好きなルネッサンスリゾートオキナワでもなく・・・・・・実家でもなく・・・・それは・・・・・じゃーん・・病院です!あはははは・・・(泣)。

私、今までの人生、これといった病気をしたことがない健康体なのですが、よりによって、わが子が二人とも超虚弱!!
二人がかわるがわる毎月入院していた年もありました・・・・・なんなのーーーーー!!!(’ちなみに出産週数も正常で出産時に異常なし。)
二人ともそれぞれ全身麻酔の手術してるし(今となってはプチ自慢)。

私のずぼら性格がたまには役立つこともあるんだなと思ったのがこのときで、せまーーい子供用ベットでも特段何の問題もなく眠れて、夜間に添い乳ができる(しかもだしたまま眠ってても全然平気。ママのおっぱいは食料ですから。観賞用じゃなくってよ)っていうのは、とりあえず少しは助けになりましたね。

ちなみに主な入院先は大きな子供病院でした。
わが子は幸いにして今は命に別状なく過ごしていますが、難しい病気の子も多い病院なんですよね。
明るく頑張っていらっしゃる親御さんが多くて、頭が下がる思いがしました。
早朝のラウンジで人知れず涙されているママをお見かけしたときは、思わずもらい泣きしてしまいましたが、やっぱり子育ての時期って大変なことがあっても、立ち止まっている暇がないというか、とにかく受け入れて、進んでいくしかない部分ってあるんだなとも感じていました。

っていうことを書いたのは、心ある方の同情をさそって、ただの馬鹿ブログを正当化しようとしているわけではなく。。。あのですね、子供が小さいときあまりにも病院での時間をもてあましてしまって、こういう本を買ったんです。

IMG_0595IMG_0596

先ほど読み返してみて、これって機内対策でつかえるかもという・・・やめますね・・・・。
すみません。不謹慎大魔王の私ですが、さすがに匿名でもやめときます(汗)。

ええと・・・今もお子さんが病院でたいへんな時をすごされているママさんも沢山いらっしゃると思います。
でも!楽しく家族で旅行できる日もきっときますから!。

そう、祈ってますね。
私の祈りなんてって・・・感じではありますが、でもいつも祈ってます。

私以前 病気の子供のためのボランティアをしていたのですが、子育てがもうすこし落ち着いたら、また再開したいな~。
根が偽善者なものでね

0