Home / 子連れ旅行・お出かけ計画 / 子連れスポット / 博物館・科学館・水族館 / 大英自然史博物館展@国立科学博物館へ行ってきました

大英自然史博物館展@国立科学博物館へ行ってきました

先日、国立科学博物館ただいま開催されている大英自然史博物館展(開催期間:3月18日(土)~6月11日(日))へ行ってまいりました。

大英自然史博物館(Natural History Museum)はいつか息子達を連れていきたいなあと思っていたのですが、残念ながら息子が子供のうちにはつれていけそうにないので、その(ほんの)一部ですが、日本にきているということで、この機会を逃すまじと2人を連れて行ってみました。

上野公園の桜は満開で、お花見客で大賑わい。
スーツ姿の会社員の方も多いです。席取り要員でしょうか、広げたブルーシートの片隅に一人座り、ノートPCでお仕事をされている方もいらっしゃいます。

次男「パパもこういうところ来たりしてるの?」
私「パパがここで席取りをしていてもおかしくはないね」
・・・・・日本のサラリーマンであるところのパパへの感謝の気持ちが湧いてきますね・・・。

IMG_0929IMG_0928

春休み中は混雑していたようですが、この日は大丈夫でした。今回は、もしかしたら浅草に寄るかもしれないと考え、東京メトロの1日乗車券を購入して行きました。

この乗車券には色々と特典(詳しくはこちら→ちかとく)があり、科学博物館についても入場料割引や常設展のミュージアムショップ10% OFFなどの割引があります。ただし、今回の特別展「大英自然博物館展」は割引対象外でした。時期によって割引対象が異なるので注意です。

ちなみに、国立科学博物館をお得に利用できる手段としては、この一日乗車券以外に、リピーターの方に便利なリピーターズパス(1,030円の年会費で常設展に1年間に何度でも無料で入館できます(常設展は一般通常620円)や、ぐるっとパスなどがありますが、今回の特別展について、これはお得かなと思ったのがこちら、「UENO WELCOME PASSPORT」(2017年4月1日発売)です。

これは、上野地区10施設の共通入場券(2,000円)で、東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、上野動物園、旧岩崎邸庭園、東京都美術館、上野の森美術館、下町風俗資料館、朝倉彫塑館、書道博物館の10施設の常設展等に、利用期間中に各1回入場できます(2017/4/1〜9/30まで)。こちらのチケットに+1,000円の3,000円の特別展チケット付きタイプがあるのですが、対象特別展として、今回の「大英自然博物館展」が含まれています。
今回の特別展は、一般・大学生1,600円(小・中・高校生500円)ですので、他の施設にも行かれる予定の方はなかなかお得なのではないかなと思います。

私は9月までという縛りが厳しいかなと思い購入しませんでしたが・・・。

なお、科博にはレストランやカフェがありますが、特別展開催中は混みますので、お弁当持参がオススメです。屋上ガーデンや地下のラウンジなどで食べることができます。我が家は駅前のコンビニで軽食を購入して行きました。

IMG_0934IMG_0936

さあ、いざ中へ!写真がひどくて申し訳ありません・・・。

IMG_0937IMG_0947

これが噂の”呪われたアメジスト”です。次男が、「呪われるかもしれないから写真撮らないで!」と言っていましたが、撮ってみました。

IMG_0952

色々と興味深い展示の数々・・・。

IMG_0953IMG_0957
IMG_1006 IMG_1012

こちらが今回の我が家の一応の目的であった始祖鳥です。そして右側がダーウィンの『種の起源』の手稿です。
本物を間近に見ることができる貴重な体験でした。

IMG_0017 IMG_0985

ジョセフバンクスのタカラガイコレクション

IMG_0990

ドードー。不思議の国のアリスに登場していますよね。CG映像での説明などもあって、楽しめます。

IMG_1009monsieur-dodo-alice-s-adventures-wonderland-hand-draw-g-52208315

長男はとある化石を見て、「なんかこれと似たようなの、ミネラルザ・ワールドで1,000円くらいで売ってたよね」などと不謹慎なことも言っていましたが、始祖鳥には見入っていました。

私も、ダーウィン関係の展示が一番興味深く、ダーウィンのペットのゾウガメとか、ダーウィンが非常に裕福であったことなど、今まであまり知らなかったことを色々知ることができました。
ダーウィンの母方の祖父はジョサイア・ウェッジウッドというウェッジウッド社の創設者だったんですね。
昆虫採集ばっかりやっていた彼を見かねて、医師だった父に無理やり医大に入らされたものの、血を見るのが苦手で中退・・・。持病があって、色々大変だったそうですが、好きなことを追求して、夫婦円満で、幸せそうに思えます。自然史の諸々よりも、彼の人生についてもっと知りたいです。

小学生にとってすごい面白いかというと、そんなことはないかもしれませんが、我が家の新中1と新小4はそれなりに興味を持てたようでした。ついこの間まで博物館といえば展示物についているボタンを押しに来ているだけだけだったのに、成長したものです。

ただ小学生未満の小さなお子さんには企画展ではなく、常設展の方が楽しいかもしれません。特にコンパスという4~6歳向けの広場は大人気で、開館後すぐに予約がいっぱいになってしまうそうですので、コンパスを考えていらっしゃる方は早めに行かれた方がいいと思います。

大英自然史博物館の展示物が初めて外に出る世界初の巡回展。6月まで開催されているので、GWのご予定などにもいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.