Home / 子連れ旅行記 / 香港・マカオ / 2017 香港・マカオ旅行 / 2017香港・マカオ旅行記 / 2017香港・マカオ旅行:シティーゲート香港

2017香港・マカオ旅行:シティーゲート香港

帰りもシティゲートアウトレットの中を通って戻ったのですが、休日だったこともあり、非常に活気がありました。セール時期でもあるからか、コーチなどいくつもの店舗で店内に入るために行列ができていました。景気いいですね〜。

ダイアンフォンフォステンバーグ!70%オフ!
かつての私の憧れブランドでボーナスで何着か購入した記憶があり、値段を見ずに購入できる女になろうと思っていたはずが、今や一着のお値段分で三年分のユニクロ服を購入しているような、そんな素敵な未来を生きています。思わずウィンドウに吸い寄せられてしまいましたが、お値段よりも何よりも、体からくびれというものが失われた今、全く似合わないのが残念!

どこもかしこも70%、80%オフの表示が踊っているので、その気はなくてもチェックせずにはいられなくなり、次男の機嫌がどんどん悪くなっていきます・・・。

シティゲートの中にあるTASTEというスーパに行ってみました。

これはどうなんでしょう。日本でいうところの紀伊国屋的な高級スーパーという位置付けでよろしいのでしょうか?紀伊国屋まではいきませんかね。成城石井くらいですか?

次男が牛乳が飲みたいというので、パックの牛乳を購入しようと思ったのですが1パックが25HKD(375円)でたじろぎました。他のものもだいたい日本と同じくらいの値段か日本よりも高いという印象でした。もしこれが香港の方の日常使いのスーパーであれば、我が家は生活できないです・・・。そもそも暮らせませんが。

とはいえ品揃えも豊富で、とても楽しいです。スーパーって楽しいですよね。飽きないわ〜。

ランチはこちらのお惣菜コーナーやパン屋さんで適当に購入して、ホテルの部屋でいただきました。

レストランなどもいろいろあり賑わっていました。

せっかくノボテルシティーゲート香港に宿泊しているので、ゆっくりショッピングを楽しみたいところですが、なかなかそうもいきません。

「僕だけ先にホテルに戻っていていい?」と次男に何度か聞かれたのですが、香港は治安はいいとはいえ一応外国なので、それもなかなか難しいですよね。そもそも香港は欧米などと同様、12歳以下の子供をひとりで留守番させたり、外出させたりすると”保護者義務違反”という罪で逮捕されるそうです。

男子でも2人いれば1人くらいは母親の買い物にも喜んでつきあったりするようになるのかもしれないと期待していた(なぜそんな幻想を?)のですが、次男も長男同様そんな日がくることはなく、このまま反抗期へと突入していくだけの予感・・。

ああ娘が・・・ママとショッピングや旅行に一緒に行って盛り上がって楽しんでくれる娘がいたらなあ・・・まあでもきっと現実はそんな都合よくはならず、理詰めで生意気なこと言われたりして、アホ男子でまだよかったとか思うのかもしれないですしね・・・。

というか、父親がもう少し積極的に妻の買い物に付き合う姿を息子たちに見せていれば、少しはそうなったのでは・・・・・?

Leave a Reply